Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/998-c9d4881d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ヴィカス・スワラップ【ぼくと1ルピーの神様】

あなたは人目のお客様です。

ヴィカス・スワラップ【ぼくと1ルピーの神様】 "Q&A" by Vikas Swarup
 単行本:384ページ 価格:1995円
 出版社:ランダムハウス講談社
 初版:2006年9月14日
 ペーパーバック:461ページ 価格:840円
 出版社:ランダムハウス講談社
 初版:2009年2月20日

  評価:85点

■あらすじ
出演したクイズ番組で見事全問正解し、10億ルピー(約5億円)という賞金を勝ち取った少年ラム。しかし支払いを渋る制作会社は、孤児で教養のない少年が答えられるわけがないと訴える。だが、ラムには答えられるだけの理由があった…。

映画【スラムドッグ$ミリオネア】の原作小説。舞台は発展途上国として注目されるインド。貧困、社会格差、幼児虐待、家庭内暴力、強盗、殺人、戦争といった苦難の中、少年がどうやって生き延びてきたかを描いている。いずれも重たいテーマであるが、章は短く小分けされていてテンポ良く読める。それぞれのエピソードはよく練られていて、結文がおしゃれだ。回想録の形を取っているが、時系列に並んでおらず、クイズの出題順に沿っている。登場人物の数が多いので、読み進めていくのが少し面倒である。

子安亜弥の翻訳に概ね問題はないが、プレイステーション「Ⅱ」という風に無意味にローマ数字を使ったり、パキスタンを何の説明もなく「パキ」と略したりするなど、首をひねる部分がみられたのは惜しい。とはいえ、作品の完成度やレベルはかなり高い。

あと、作品中に登場したウルドゥー語の詩が印象に残った。 「われらは名もなくこの世に生まれ、名もなきままこの世を去る。だがこの世に生あるうちは、次なる世代の忘れ得ぬことをなそう。たとえわが世代には忘れ去られようとも」 ここに書かれているのは、人類の使命かもしれない。 (読了日:2009年12月31日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/998-c9d4881d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。