Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/993-c33b99dd

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

高田郁【銀二貫】

あなたは人目のお客様です。

高田郁【銀二貫】 単行本:296ページ 価格:1000円
 出版社:幻冬舎 初版:2009年6月

  評価:85点

■あらすじ
大坂天満の寒天問屋、井川屋の主・和助は、仇討ちで父を亡くした鶴之輔を銀二貫(33両)で救う。大火で消失した天満宮再建のために、工面した大金だった。引きとられた少年は松吉と改め、番頭善次郎、丁稚梅吉たちと共同生活を送りながら、商人としての厳しい躾と生活に耐えていく。

-------------------------------------
安永7(1777)~寛政(1800)を舞台にした作品。いわゆる人情物といっていいだろう。登場人物がそれぞれ丁寧に描かれていて、読みやすい作品だ。作品で大きなポイントになっているのが「大火」。江戸時代には火事が多かったというが、どれだけ多くの人が人生を狂わされたことだろう。作品で描かれている懸命に生きる人々の姿、商人の心意気や矜持といったものに触れて、胸が熱くなった。主人公の寒天にかける情熱を見ると、読後に和菓子屋に行きたくなる1冊。 (読了日:2009年12月9日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/993-c33b99dd

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。