Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/976-62620615

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

米澤穂信【ボトルネック】

あなたは人目のお客様です。

米澤穂信【ボトルネック】 単行本:248ページ 価格:1470円
 出版社:新潮社 初版:2006年8月30日
 文庫:312ページ 価格:500円
 出版社:新潮社 初版:2009年9月29日

  評価:70点

■あらすじ
2年前に亡くなった恋人を弔うために東尋坊に来ていた高校1年生の「僕」は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった……はずだった。ところが、気づくと見慣れた金沢の街中にいる。不可解な思いを胸に自宅へ戻ると、存在しないはずの「姉」に出迎えられる。どうやらここは「僕の産まれなかった世界」らしい。

-------------------------------------------
米澤穂信の作品を読むのは、【インシテミル】に続いて2作目。読んだきっかけはAmazonでの評価が非常に高かったこと。テーマは軽いとは言いがたいが、その割に文章はポップで読みやすく、分量は1日で読みきるのに丁度いい長さ。

保護者の庇護なしでは生活できない10代。家族の問題で生き辛く感じた人は少なくないだろうし、また友人との付き合い方に悩んだ経験のある人は多いだろう。共感を覚えつつ読み進めていったが、作品のまとめ方をどういう風に理解していいものか困惑してしまった。私が求めていた救いはそこになかったと思うし、「ボトルネック」という言葉が表題としてふさわしいとも感じられず。実験的な作品、という評価に留まる1冊。 (読了日:2009年10月28日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/976-62620615

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。