Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/974-2253acad

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

菊池雄星の進路騒動

あなたは人目のお客様です。

■悩みに悩んで…菊池 涙のメジャー断念 (2009年10月26日 スポーツニッポン)

スポニチ2009年10月26日一面日米20球団が獲得に乗り出していた花巻東の155キロ左腕・菊池雄星投手(18)が25日、同校で記者会見し、日本の球団入りの希望を表明した。メジャー挑戦を熱望していたが、周囲の重圧や一部の批判の声などに押されて断念。会見中に笑顔はなく、最後は大粒の涙を流した。29日のドラフト会議では過去最多の8球団を超える9球団の1位指名が予想される“怪物怪腕”。夢を一時封印し、日本一の投手になることを誓った。

輝かしい未来への第一歩を踏み出すための決意表明。しかし、菊池に笑顔はなかった。会見の最後。「悔いはないのか」との質問が飛ぶと、感情を抑えることができなかった。大粒の涙がこぼれ、目頭を押さえる。テレビカメラ12台、約100人の報道陣が集まった会見場は静まり返った。

「きのうまで悩んだ結果なので、悔いはないです。今は日本ですべてを出し尽くし、みんなに認められる選手になりたいという気持ちでいっぱいです」。そう言って、視線を上げたが、制服姿の18歳が見せた涙がすべてを物語っていた。

小学校の時からメジャーのマウンドに立つことが夢だった。準決勝で敗退した夏の甲子園後も「行きたいのはメジャー」と思いを口にしていた。しかし、前代未聞ともいえる日米20球団による面談を経て、菊池が出した答えは「国内」だった。「高校の時も日本一にあと一歩のところで届かなくて、もう一度日本一を狙いたい。まだ自分のレベルでは世界で通用しないと思った」。悩みに悩んだ末、夢よりも現実を選んだ。

菊池の海外流出に、周囲の風当たりは想像以上に強かった。ある関係者は「メジャーに行けば、花巻東は日本中を敵に回す」と懸念。面談に臨んだ国内12球団は声をそろえて「まずは国内から」と訴え、学校や関係者には大リーグ行きを批判する投書が届いた。インターネット上では菊池を中傷する書き込みもあった。「このような形でメジャーに行っても応援してもらえるのか」と漏らすほど、心は傷ついた。会見での涙の理由について、流石(さすが)野球部長には「大リーグ球団への申し訳ない気持ちから」と話したという。

当初、進路を決める上で「いかに自分が育つことができるか」と育成システムや生活環境を判断基準とする考えを示していた。しかし「(育成は日米)どちらも素晴らしい」と話し、米国生活についても「(専属)通訳や食事の面もサポートすると言っていたので、不安はなかったです」ときっぱり言った。会見では「すべての人に認められてから」という言葉を3度も使ったのが、菊池の胸の内を表していた。

それでも最後は自分で決めた。29日のドラフトでは最大9球団の1位指名が予想されるが、12球団どこでも入団する覚悟だ。「メジャーはひとまず封印してというか、日本一の投手になってから世界に挑戦したいという気持ちです」。たった一度のプロ野球人生のスタート地点に「日本」を選択した菊池。その先には無限の可能性が広がっている。

-------------------------------------------------
注目されていた進路の決断を下した菊池。彼自身色々と悩んだことだろうが、記事の通り「国内でやるべき」という圧力があったことについては、非常に残念である。18歳の若者が幼い頃からの夢をかなえようという時に積極的に阻害するのはいただけない。中日の早川チーフスカウトは「MLB志望であってもドラフトで指名するつもりだった」と話しているが、本人の意思を尊重できないものだろうか(進路希望と違っても口説き落とされた選手が過去に多いことは知っているが)。

ただ、もし菊池がMLB一本で進路を決めていたとしたら他に方法はあった。プロ志望届を出さなければ良いのである。国内球団(地域リーグ含む)に進む場合は提出を義務づけられてはいるが、国外はそれに含まれない。MLB志望を表明し、興味を示した各球団と話し、もっとも条件の良いところを選べばいい。うまくいけば多額の契約金を手に入れられるかもしれない。日本の球団からドラフトで強行指名され、悩まされることもない。…もし野球の実力があり、英語もしっかり勉強しているMLB志望の高校生がいたとしたら、この手段を選ぶだろう。

アマ選手が入団を希望する国内球団を指定できないが、海外球団とはじかに交渉ができることについて「大きな矛盾がある」(読売・清武球団代表)という声もある。実際その通りなのだが、制度がきちんとしていない理由の1つはプロ野球=日本プロ野球機構、高校野球=高野連のように管轄団体が複数あることだろう。同じテーブルについて話を進めるのが苦手である。前出の清武は、12球団による選手への説明会を実施(アマ側は同意していない)やプロ球団独自の中高校生の育成システムを訴えているが、実現するかは怪しい。

今回菊池サイドから「話を聞くまで、アメリカの球団の事情がよくわからない」 という声が出た。もし仮にMLBが「アメリカでプレーしたい日本のアマ選手をサポートする。球団とのパイプ役も務める」と言い出し、高野連などが合意したらどうだろう。状況は随分と違ってくるはずだ。現在のところそういうシステムはない。が、これから先も全くないとは言い切れない。有望なアマ選手がいると日本プロ野球は「何とかして流出阻止」しか頭にないようだが、もっと色々な角度から制度を考える必要がある。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/974-2253acad

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。