Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/966-99ab694d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トム・ロブ・スミス【グラーグ57】

あなたは人目のお客様です。

トム・ロブ・スミス【グラーグ57】 文庫:(上)382頁 (下)365頁
 価格:(上)(下)700円
 出版社:新潮社 初版:2009年8月28日

  評価:70点

■あらすじ
運命の対決から3年。レオ・デミドフは念願のモスクワ殺人課を創設したものの、一向に心を開こうとしない養女ゾーヤに手を焼いている。折しも、フルシチョフは激烈なスターリン批判を展開。投獄されていた者たちは続々と釈放され、かつての捜査官や密告者に復讐を行っていた。

-------------------------------
【チャイルド44】に続く、トム・ロブ・スミス2冊目の作品。原題は"The Secret Speech"であり、【グラーグ57】は邦題。作品中に登場する強制収容所の番号である。

前作が素晴らしい作品だったので期待したのだが、個人的にはそれほど良くなかった。何といっても、内容が重たい。前作の最後で今後に希望の持てそうな事柄が、木っ端微塵に粉砕されていくのは気が滅入る。動乱の歴史について綿密な調査をしたことはうかがえるし、読ませるだけの文章レベルはある。だが、「面白い」とか「楽しい」といった印象は持てない。

作品のまとめ方が前作と同じようなパターン。3部作だそうだが、次の作品でまた希望を打ち砕くつもりだったら興ざめである。シリーズの行方は気になるが、【チャイルド44】が面白かった人はこちらの作品を読まなくてもいいかもしれない。 (読了日:2009年10月11日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/966-99ab694d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。