Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/952-6523fc90

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【ダイアルMを廻せ!】

あなたは人目のお客様です。
映画【ダイアルMを廻せ!】 DIAL M FOR MURDER
 製作国:アメリカ 上映時間:105分
 製作年:1954年 日本公開:1954年10月
 監督:アルフレッド・ヒッチコック
 ◇出演
 レイ・ミランド トニー・ウェンディス
 グレイス・ケリー マーゴット・ウェンディス
 ロバート・カミングス マーク・ハリデー
 ジョン・ウィリアムズ ハバード警部
 アンソニー・ドーソン チャールズ・スワン

  評価:70点


■あらすじ
ロンドンで暮らす元テニス選手の夫トニーと共に暮らすマーゴは、アメリカ人の推理小説家マークと不倫関係にあった。そのことに気づいていたトニーは、マーゴを殺すべく自分が手を汚さない形の計画を立てる。

-----------------------------------
三角関係にある3人【北北西に進路を取れ】以来、1年ぶりに観たヒッチコック作品。導入部分からググっと引き込まれた。グレイス・ケリーは美しい女優である。綿密な計画をいざ実行…という段階までワクワクしていたのだが、結構簡単に破綻したことにちょっとガッカリ。しかし、その後別の形で妻に罪を被せようとするトニーと、真実を暴こうとする人々の攻防が興味深い。

ただ、いくら推理小説家といえどもマークの読みは鋭すぎると思うし、警察の捜査も法律的なものを無視した形が多い。その展開に、やや興ざめしてしまった。ほぼワン・シチュエーション・ドラマであることから「舞台劇としてもいけるな」と思ったら、もともとはそちらが原作らしい。 (鑑賞日:2009年9月8日)

予告編(英語)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/952-6523fc90

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。