Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/951-5ef1476d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【JUNO/ジュノ】

あなたは人目のお客様です。
映画【JUNO/ジュノ】 JUNO
 製作国:アメリカ 上映時間:96分
 製作年:2007年 日本公開:2008年6月14日
 監督:ジェイソン・ライトマン
 ◇出演
 エレン・ペイジ ジュノ
 マイケル・セラ ポーリー・ブリーカー
 ジェニファー・ガーナー ヴァネッサ
 ジェイソン・ベイトマン マーク
 J・K・シモンズ マック(ジュノの父)
 アリソン・ジャネイ ブレン(ジュノの継母)

  評価:75点

■あらすじ
パンクとホラーが好きなクールな女子高生ジュノは、親友ブリーカーとの興味本位にセックスをして妊娠してしまう。中絶を思いとどまったジュノは友だちのリアに協力してもらい、養子を希望している夫婦を探すことに。

---------------------------
学食で旺盛な食欲を見せるジュノデイブ・スペクターが絶賛していたことから、観ることにした作品。妊娠をした16歳の(結構変わった)女の子の9ヶ月を描いた作品。タッチとしてはコメディとシリアスの間くらい。ちょいちょいフォークソングっぽい曲が流れ、良い雰囲気だ。日本でこういう作品を作ったら重たくなりがちだが、そうならないところがお国柄か、はたまた制作者の腕か。いずれにせよ、日本で「養子に出す」という発想はなかなかない。

主人公を演じたエレン・ペイジの仕事が光る。揺れ動く感情をうまく表現できている。相手役のポーリー・ブリーカーはただの小僧という感じで、いまひとつ魅力が感じられず。ヴァネッサとマークのカップルについては、ある程度共感できた。しかしこの作品で最も「いい奴」なのはジュノの父親で、あれこそ父親としての理想像だろう。かくありたいものだ。

あとは登場人物、特に高校生の喋る言葉が面白いと感じた。何しろこの作品の前に観たのが【風と共に去りぬ】。70年も経つと、使う言葉は随分と変わるものだ。個人的に「性的に活発(Sexually Active)」という表現が気に入った。字幕もいい感じである。 (鑑賞日:2009年9月8日)

予告編(英語)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/951-5ef1476d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。