Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/923-1e62926e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【ゼア・ウィル・ビー・ブラッド】

あなたは人目のお客様です。

映画【ゼア・ウィル・ビー・ブラッド】 THERE WILL BE BLOOD
 製作国:アメリカ 上映時間:158分
 製作年:2007年 日本公開:2008年4月26日
 監督:ポール・トーマス・アンダーソン
 ◇出演
 ダニエル・デイ=ルイス ダニエル・プレインヴュー
 ポール・ダノ ポール・サンデー/イーライ・サンデー
 ケヴィン・J・オコナー ヘンリー
 キアラン・ハインズ フレッチャー
 ディロン・フレイジャー H.W.

  評価:75点


■あらすじ
20世紀初頭のアメリカ。一攫千金を夢見る山師の男ダニエル・プレインヴュー。孤児を自分の息子H.W.として連れ歩く彼は、ある日ポールという青年から自分の故郷の土地に油田があるはずだとの情報を得て、西部の町リトル・ボストンへと向かう。

----------------------------
石油掘りは危険と隣り合わせ今から約100年前の世界で、石油を手に入れるために繰り広げられる欲望の物語。まだそれほど科学技術が発達していない時代で、石油掘りには大きな危険を伴ったようだ。主人公ダニエル・プレインヴューや、宗教家イーライ・サンデーの強欲な生き様に圧倒される。

ただ正直なところ、観ていてさほど面白い作品ではない。なかなか入り込むことができず、「早く終わらないかな」と感じる時間帯もあった。絶賛している人の評にはなるほどと思わされるが、それでも私にとっては難しい映画だった。 (鑑賞日:2009年7月18日)

予告編(英語)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/923-1e62926e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。