Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/922-0754f93c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

奥田英朗【オリンピックの身代金】

あなたは人目のお客様です。

奥田英朗【オリンピックの身代金】 単行本:524ページ 価格:1890円
 出版社:角川グループパブリッシング
 初版:2008年11月28日

  評価:85点

■あらすじ
1964(昭和39)年、夏。10月に開催されるアジア初のオリンピックに向け、東京は猛烈な勢いで変貌しようとしている。この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない、そんな風潮だった。そんな中、東京で相次いで爆発事件が発生。同時に「東京オリンピックを妨害する」という脅迫状が当局に届けられた。警視庁の刑事たちが事件を追うと、1人の男が捜査線上に浮かぶ…。

-----------------------------------
昨今の「東京オリンピック」といえば、思い浮かぶのは2016年大会の誘致。しかし、この本で取り上げているのは実際に行われた1964年の大会である。団塊の世代が10代後半だった時期で、私もまだ生まれていない。ゆえに遠い昔の出来事と言ってもいいが、本書に描かれた内容に圧倒された。ものすごくリアリティのある描写で、頭の中で易々と映像化することができた。

1964年大会の聖火リレー女性の社会進出が進む中、働く女性はOLではなくBG(ビジネスガール)と呼ばれていた。JRが国電といわれていて、路面を走る都電は数が減っていった。そして国際都市をアピールするために、羽田空港-浜松町を15分で結ぶ未来の乗り物、モノレールが開通しようとしていた。都市部を中心にカラーテレビが普及しつつあったが、マスコミの世界で王様だったのは新聞。テレビ局に就職した人間がバカにされていた。若い女性の中で人気は上昇するも、大人たちから非難されていたバンドはビートルズ…そんな時代。 

作者がこの作品に向けてどれほど綿密な取材を行ったか、うかがい知ることができる。実際に参考とした文献・映像は40点に及び、当時警察で働いていた人物にも取材を行ったという。本書では「何月何日何曜日」と記されているが、実際に起きた出来事や天候も反映する、という徹底ぶり。これには感心せざるをえない。 (東京五輪に関してはJOCのサイトを参照)

作品のモチーフとなっているのは草加次郎事件で、当時日本社会の抱えていた(あるいは、今もなくならない)光と闇を描いている。ただし、話については手放しで褒められるような出来ではない。はっきり言って長い、長すぎる。上下段の524ページとボリュームたっぷりだが、あれもこれも詰めすぎた結果そうなってしまったのではないか。

<以下ネタバレ含む>
その象徴ともいえるのが、警察が犯人を追いかけ、たびたび取り逃すシーン。読んでいる途中で「決着は10月10日の開会式しかない」ことには気づくが、こうも逃げられ続けると飽きてくる。いくらヒロポンを使っていても、高いところから飛び降りて大きな怪我もないなんて、冗談としか思えない。青っ白い言動を繰り返す左翼学生(「ナンセンス」という口癖がイラっとくる)や、朝鮮系の団体について興味深いとは感じる。しかし、彼らを紹介したいがために逃がしているのではないか、とも感じられる。

そもそも犯人=島崎国男の動機が判然としない。彼の感じた憤りはわからなくもない。だが、これだけのことをやらかす動機としては、弱い気がする。そのことが引っかかったまま、私は最後のページを読み終えた。もうちょっとで傑作だと思うのだが、残念。 (読了日:2009年7月17日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/922-0754f93c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。