Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/920-ea959af7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【君のためなら千回でも】

あなたは人目のお客様です。

映画【君のためなら千回でも】  THE KITE RUNNER
 製作国:アメリカ 上映時間:129分
 製作年:2007年 日本公開:2008年2月9日
 監督:マーク・フォースター
 ◇出演
 ハリド・アブダラ アミール
 ホマユン・エルシャディ ババ
 ゼキリア・エブラヒミ 少年時代のアミール
 アフマド・ハーン・マフムードザダ 少年時代のハッサン
 ショーン・トーブ ラヒム・ハーン

  評価:80点


■あらすじ
1970年代のアフガニスタン。裕福な家庭の少年アミールと、彼の家に仕える召使いの息子ハッサンは、境遇の違いを越えて強い絆で結ばれた親友同士だった。ところが12歳の冬の日、恒例のケンカ凧大会の最中にある事件が起きる。以来アミールはハッサンを避けるようになり、2人の仲は冷えていった。そして1978年、ソ連が侵攻をしてくる。

-------------------------------------
ハッサン(左)に本を読み聞かせるアミール町山智浩【キャプテン・アメリカはなぜ死んだか】で紹介されていたことから、知った作品。話の前半は2人のこどもを中心としたアフガニスタンの話。アフガニスタンといえばソ連侵攻やタリバン、アフリカの攻撃などで「荒廃した物騒な国」というイメージを持つ人が多いと思うが、そこには平和な光景が広がっている。ただ人種差別はあり、イスラム教スンニ派で国民の多数を占めるパシュトゥーン人と、同シーア派で社会的に最下層なのがハザラ人。ハッサンがいじめられるのは、彼がハザラ人だからである。

ハッサンは本当にいい奴なのだが、それに比べてアミールは気が弱い。ある事件の際は、「何をやっているんだ、この卑怯者が!」と言いたくなる。なかなかストレスの溜まる内容だが、大人になってからの展開がこの映画の本題である。幼い頃の罪を償うためにアミールが取る行動に、勇気や友情といったものを考えさせられる。

邦題となっている「君のためなら千回でも」という言葉はアフガニスタンでよく使われる言葉らしく、日本語だと「喜んで(やるよ)」に相当するようだ。映画で何回か登場するのだが、観ていて涙が出た。演出や演技について不満はあるものの、なかなか良い作品である。 (鑑賞日:2009年7月13日)

 予告編(英語)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/920-ea959af7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。