Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/902-dce56191

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

夢枕獏【黒塚】

あなたは人目のお客様です。

夢枕獏【黒塚】 単行本:522ページ 価格:1995円
 出版社:集英社 初版:2000年8月
 文庫:634ページ 価格:900円
 出版社:集英社 初版:2003年2月

  評価:70点

■あらすじ
時は12世紀末の日本。鎌倉に通じる藤原泰衡に追われた九郎坊は、大和坊と共に、奥州の山中をいき、粗末な荒家に一夜の宿を乞う。甲斐甲斐しく世話をしてくれるその家の女主・黒蜜に九郎坊は、魂を揺さぶられるように魅かれていくのだったが…。


もともとは舞台関係者から能の「黒塚」を現代風にした台本を作者が頼まれたものがいつのまにか小説化し、2、3回で終わる予定が結局4年の長期連載となったらしい。「黒塚」とは福島県二本松市の安達ヶ原にある鬼婆伝説を下敷きにした能の演目の一つである。源義経と武蔵房弁慶が絡む設定は、作者のオリジナル。黒塚 - Wikipedia

簡単に言ってしまうと、黒塚に吸血鬼伝説を加えて和風テイストに仕上げるとこの作品になる。それほど設定の細かい物語ではない。だが、序盤で明かされる謎が少ないため、読んでいて正直イライラさせられた。内容と比して枚数が多すぎる印象。ページあたりの文字数が多くないので読みにくくはないが、もっとテンポ良く進んで欲しかった。ストーリーとしてはまずまず面白く、切ない感じが良い。 (読了日:2009年6月13日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/902-dce56191

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。