Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/889-61e116ad

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【8mm】

あなたは人目のお客様です。

映画【8mm】 8mm
 製作国:アメリカ 上映時間:123分
 製作年:1999年 日本公開:1999年5月
 監督:ジョエル・シューマカー
 ◇出演
 ニコラス・ケイジ トム・ウェルズ
 ホアキン・フェニックス マックス
 ジェームズ・ガンドルフィーニ エディ
 ピーター・ストーメア ディノ・ベルベット

  評価:60点

■あらすじ
うらぶれた私立探偵のトムは、大富豪の未亡人から奇妙な依頼を受ける。亡き夫の遺品の中にあった8mm映画について調べて欲しいということだ。だが、その8mmフィルムに映っていたものは、少女の殺害シーンだった。これは本物のスナッフ(殺人)・フィルムなのか?調査を進めるトムは、やがてハリウッドに辿り着くのだったが…。

-----------------------------------
調査を進めるトム(右)とポルノグッズ店員のマックス脚本を手がけたのは【セブン】と同じアンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、というのが宣伝文句。全体的に色彩の暗い作品で、陰鬱な雰囲気を表現している。日本ではPG-12に指定されたが、それもやむなしという内容。それにしても、色々な性的嗜好(ここで性癖という言葉は使いたくない)があるものだ…。映画好きの同僚からこの映画を薦められたのだが、私の好みではなかった。はっきり言って、気分の悪くなる作品だ。

<以下ネタバレ含む>
結論を書いてしまうと、殺害の描かれたフィルムは本物であり、もともとは大富豪が特注したものだった。殺されたのは田舎から家出してきた娘で、業者の甘い誘いに乗っかって撮影に応じたのだった。そのことを調査していたトムは命を奪われそうになり、何とか逃げ延びる。ここまではいい。わからないのは、それからトムが「自分を殺そうとした人間たち」を殺してしまうことだ。

フィルムを作った人間を、赤ん坊の娘を持つ親として許せなかったのかもしれない。また、いつ命を狙われるか恐れていたのかもしれない。だが、その時点で探偵としての仕事は終わっていた(依頼者である未亡人は、事実にショックを受けて自殺)。殺すとなればリスクはあるし、警察に捕まるかもしれない。なぜそこまでこだわるか、よく理解できない。そもそもトムは探偵として用心深さに欠けている。尾行に全く気づいていないのは、間抜けとしか言いようがない。

このサイトのレビューを読むと、なるほど評価できる部分もあるとは思う。この映画公開から10年経ち、人間の抱える闇はインターネット社会のもっと暗い部分に潜り込んでいる気がする。だが、この作品を観ただけでそこまで感じ取るのは難しい。 (鑑賞日:2009年5月26日)

予告編(英語)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/889-61e116ad

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。