Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/887-bdd238f7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【不都合な真実】

あなたは人目のお客様です。

映画【不都合な真実】 AN INCONVENIENT TRUTH
 製作国:アメリカ 上映時間:96分
 製作年:2006年 日本公開:2007年1月20日
 監督:デイヴィス・グッゲンハイム
 ◇出演 アル・ゴア

  評価:75点

■あらすじ
地球の温暖化によって引き起こされる数々の問題に心を痛め、人々の意識改革に乗り出すべく、環境問題に関するスライド講演を世界中で行うアメリカ元副大統領アル・ゴア。彼が語る真実とは。

---------------------------------------
講演を行うゴア環境問題について調査、講演活動を行うゴアを追ったドキュメンタリー番組。この映画を批判する人からは「データが間違っている」とかいう話があるようだが、啓蒙という点では効果的だろう。中1くらいの社会の授業で観させるといいのかもしれない。登場する資料やゴアの喋り方はわかりやすい。日本の政治家にも見習わせたいところだ。

ただ、共和党のブッシュ政権に対する民主党の対抗意識が見える点は気にかかった。こういう内容をプロパガンダとして使って欲しくない。作品中に何度か登場する「京都議定書をアメリカは締結していない」という言葉だが、議定書が作られたのは1997年。当時の大統領は民主党のビル・クリントンだった。

作品中に中国で講演を行うゴアの姿もあったが、主に映っているのはアメリカの会場。ゴアが特に面白いことを言ったわけでもないのに、観客がゲラゲラ笑っている点はイラっとした。アメリカ人の環境問題への意識が知れようというもの。

余談だが、上述の京都議定書が作られた地球温暖化防止京都会議(COP3)が行われた当時、私は京都に住む学生の1人だった。地球の未来に影響を及ぼす世界的な会議が行われるということで、数百人単位の学生がボランティアとして参加。会議が難航して昼夜問わず行われていたため、それに付き合う学生たちもヘロヘロになっていた。私はちょっとしか関わっていないが、その熱気は傍から見ても凄まじいものだった。
社会人になっても環境問題に関わる人間は少ないだろうが、当時のボランティア学生がこの映画を観たら何を思うのか。そんなことを考えた。 (鑑賞日:2009年5月21日)

予告編(英語)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/887-bdd238f7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。