Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/875-51d86a9f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【笑の大学】

あなたは人目のお客様です。

映画【笑の大学】 製作国:日本 上映時間:121分
 製作年:2004年 劇場公開:2004年10月30日
 監督:星護 興行収入:7.2億円
 ◇出演
 役所広司 検閲官・向坂睦夫
 稲垣吾郎 座付作家・椿一
 高橋昌也 廊下の制服警官
 小松政夫 青空貫太

  評価:70点

■あらすじ
日本が戦争へと突き進んでいた昭和15年。国民の戦意高揚の妨げになると様々な娯楽が取締りの対象となっていたこの時代、演劇もまた台本の段階で厳しい検閲を受けていた。警視庁の取調室では2人の男が新作喜劇を巡って熱い火花を散らしていた。一人は、一度も笑ったことがない厳格な検閲官・向坂睦夫(さきさか むつお)。相対するは、笑いに命をかける劇団“笑の大学”の座付作家・椿一(つばき はじめ)。向坂は台本から「笑い」を排除しようと椿に無理難題を突きつける。

------------------------------------------
検閲官・向坂睦夫(役所広司) 原作は三谷幸喜。ワン・シチュエーションドラマであり、ほぼ2人芝居で展開していく。他にラジオドラマ版と舞台版があるらしい。ニヤリとさせられる内容で、役所広司の表情豊かな演技が印象に残る。ただ、作品のテンポはそれほど良くない。上映時間としては、やや長いのでは。

終盤畳み掛けるような展開はあまり好きではないが、結末には驚かされた。椿一のモデルは喜劇王・エノケンこと榎本健一の座付作家・菊谷栄。
彼は検閲に泣かされながら、エノケンの全盛期を陰で支えていた。 しかし、作家として最も輝いていた時期に召集され、喜劇への想いを抱いたまま戦死。享年36歳。菊谷の残した台本は、後の世代に大きな影響を与えたという。この映画を観て、時代の残酷さというものを考えさせられた。 (鑑賞日:2009年5月3日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/875-51d86a9f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。