Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/870-1d347ad1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

横山秀夫【ルパンの消息】

あなたは人目のお客様です。

横山秀夫【ルパンの消息】 新書:331ページ 価格:920円
 出版社:光文社 初版:2005年5月20日
 文庫:441ページ 価格:740円
 出版社:光文社 初版:2009年4月9日

  評価:85点

■あらすじ
1990(平成2)年、12月。忘年会に出席していた警察某署署長、後閑(ごかん)耕造のもとにメモが手渡される。それは、15年前に起きた女性高校教師死亡についての情報で、自殺ではなく殺人である可能性が浮上したので至急署に来るように…との呼び出しだった。時効まで24時間。眠ろうとしていた事件が、再び動き出す。

-----------------------------------------
第9回サントリーミステリー大賞佳作に選ばれた作品で、横山秀夫のデビュー前の小説である。当時の原稿に手を加えた形で、15年ぶりに出版された。
タイトルにあるルパンとは、モーリス・ルブランの生んだ怪盗アルセーヌ・ルパンではない。またモンキー・パンチの漫画『ルパン三世』とも関係ない。小説に登場する喫茶店の名前に起因している。当時その店をよく利用していたおちこぼれ高校生の3人は、学校から期末テストを盗み出すことを計画する。その「ルパン作戦」が、教師の死とどう関係していたのか…というのが、作品の流れである。

これまで横山の作品は5、6冊読んできたが、私はこれが1番好きだと感じた。内容に粗さが目立つし、リアリティという点に関しては疑問を抱く。しかし、エンターテイメント性としては高く、最後まで一気に読ませる魅力がある。文章から「面白いものを書くんだ」という作者の熱気が伝わってくるかのようだ。横山秀夫といえば、警察内部のドロドロした戦いを描いているイメージが強かったが、それとは全く異なった面を見た。楽しい小説を読みたければ、お薦めできる1冊。 (読了日:2009年4月27日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/870-1d347ad1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。