Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/867-7ade7a6e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【どら平太】

あなたは人目のお客様です。

映画【どら平太】 製作国:日本 上映時間:111分
 製作年:2000年 劇場公開:2000年5月13日
 監督:市川崑 興行収入:14.0億円
 ◇出演
 役所広司 望月小平太(どら平太)
 片岡鶴太郎 安川半蔵
 浅野ゆう子 こせい
 宇崎竜童 仙波義十郎
 石倉三郎 巴の太十
 石橋蓮司 継町の才兵衛
 菅原文太 大河岸の灘八

  評価:70点

■あらすじ
或る小藩の町奉行所に着任した望月小平太はその豪快振りから“どら平太”という仇名まで付く型破りな役人。彼はこの藩の壕外と呼ばれる所で権力を握る三人の親分の不正を正すべく、思いも寄らない方法で彼らを取り込もうとするが…。

-----------------------------------
Wikipediaの情報によると、『1969年に市川崑、黒澤明、木下惠介、小林正樹の4人によって映画企画・製作グループ「四騎の会」が結成され、山本周五郎の「町奉行日記」を元に映画を製作しようと共同してシナリオを執筆した。その後、この企画は宙に浮いたままになっていたが、市川の監督により、2000年に公開となった』…ということらしい。

一言でいえば、痛快なストーリーである。取り立てて何がすごいという感じはしないのだが、ベテラン役者たちが数多く出演していて、安心して観ていられる作品(反面若々しさには欠ける)。紋切り型の時代劇に比べれば、楽しめるだろう。音楽はあまり魅力が無い。 (鑑賞日:2009年4月26日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/867-7ade7a6e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。