Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/863-a1340cd9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【ミンボーの女】

あなたは人目のお客様です。

映画【ミンボーの女】 製作国:日本 上映時間:123分
 製作年:1992年 劇場公開:1992年5月16日
 興行収入:15.5億円 監督・脚本:伊丹十三
 ◇出演
 宮本信子 井上まひる
 宝田明 総支配人
 大地康雄 鈴木勇気
 村田雄浩 若杉太郎
 大滝秀治 プールの老人
 伊東四朗 入内島
 中尾彬 伊場木

  評価:80点

■あらすじ
東京の名門ホテル、ホテル・ヨーロッパはサミットの会場をライバルホテルに奪われてしまう。理由はヤクザが居座っていたため。これを機に総支配人はヤクザ排除を決心するが、ホテルマンたちの素人対応が逆に彼らを刺激してしまう。そこで、民事介入暴力(ミンボー)専門の女弁護士・井上まひるを雇うことにしたのだが…。

-----------------------------------
ミンボー専門の弁護士・井上まひる(宮本信子)伊丹十三の作品はそれほど観たことがなく、観るのも随分と久しぶりであった。一言でいえば、「楽しめて勉強になる映画」である。端的に「マニュアル映画」という声もあるようだ。この手の作品については、安定感のある監督だ。

ヤクザの手口と対処法について細かく描かれていて、実際に本物のヤクザたちを刺激したようだ。映画公開直後、伊丹は自宅近くで刃物を持った5人組に襲撃され、顔などに全治3ヶ月の重傷を負う事件が起きた。そして「私はくじけない。映画で自由を貫く」と伊丹はコメントした。当時のニュース映像を、ぼんやりと覚えている。

内容について取り立てて意外性はないが、ベテラン俳優が数多く出演しており、安心して観ていられる。柳葉敏郎が単なる若造にしか見えないことに、17年前という時間の長さを感じる。 (鑑賞日:2009年4月24日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/863-a1340cd9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。