Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/856-82525215

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1114]

僕は飛行機で1をみたんだけど 酷いよね
まー 時代が時代なんで どの史料が本当なのかも一概には言えないけど

 まードラゴンボールよりはましでしょうって感じだったけど 酷いのには違いないね。
 人海戦術がCGじゃなく 人使ってるのが流石中国だね

内容は僕もガチャピンさんと同じような感想です。
  • 2009-04-14
  • いっせい
  • URL
  • 編集

[C1115] いっせい さん

もしかしたら、美術や衣装はきちんと時代考証を行った上で
やっているのかもしれない。陽光を反射する金色の盾には
驚いたけど。あれは晴れの日しか使えないだろうな。

ドラゴンボールは、世界的に普及しているアニメが存在して
いる上でああいう内容になったから、受け入れられなかった
のだと思う。それに比べれば、確かにマシだろうね。
  • 2009-04-14
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【レッドクリフ Part1】

あなたは人目のお客様です。

映画【レッドクリフ Part1】 RED CLIFF: PART I / 赤壁
 製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
 上映時間:145分 製作年:2008年
 日本公開:2008年11月1日 興行収入:50.5億円
 監督:ジョン・ウー
 ◇出演
  トニー・レオン 周瑜
  金城武 孔明
  チャン・フォンイー 曹操
  チャン・チェン 孫権
  ヴィッキー・チャオ 尚香

  評価:40点

■あらすじ
西暦208年。実質的に崩壊した漢帝国を牛耳る曹操は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全滅の危機に瀕する。しかし、勇猛な部下の活躍でどうにか逃げ延びることに成功する。軍師の孔明は、劉備に敵軍である呉の孫権との同盟を進言し、自ら孫権のもとへと向かう。

-------------------------------------
派手な戦闘シーン三国志(三国志演義)をベースにして作られた作品は、世の中にあふれている。小説、漫画、ゲーム、人形劇(昔NHK教育テレビでやっていた)…。中国発の物語でこれほど日本人に愛されているものはないし、男子ならば接したことのない人間の方が少ないと思う。私も大ファンというわけではないが、そこそこ知っているほうだ。三国志についての解釈は作品によって様々である。この【レッドクリフ】については、「三国志に初めて触れる小学生向け」のような仕様。はっきり言って、それが気に入らなかった。 <以下ネタバレ含む>

大船団を前に立つ曹操最初の印象は悪くなかった。冒頭に描かれる新野撤退戦では戦闘場面に迫力があり、「こういうところはさすがジョン・ウーだな」と感じさせた。趙雲が阿斗を救出する場面はお約束で、「ここで助けなかった方が、結果的には良かったかもしれない」などと、三国志ファンは思う。趙雲が夏候恩を倒して青紅の剣を奪うエピソードはカット。しかし、劉備が趙雲に対して「こどもよりもお前が大事だ」と語るやつは、入れて欲しかった。張飛がその名を轟かす長坂坡(ちょうはんは)の場面もない。しかも活躍するのは、張飛ではなく関羽。関羽は曹操と初対面のような会話をしているが、実際は浅からぬ縁がある。…なんだ、この展開は?

周瑜の妻、小喬「劉備=正義 曹操=悪」という単純な図式は、三国志の知らない人にもわかりやすい設定だと思う。逆に知っている人からは言いたいことが色々とある。特に曹操の扱いは良くない。強欲なエロ親父として描かれており、その部下は茶坊主ばかり。名医・華佗ですら、追従するだけの存在でしかない。曹操は周瑜の妻である小喬にこだわりを見せるが、大喬が全く登場しないことに違和感を禁じえない。曹操が銅雀台にはべらしたい、と言ったとされるのは二喬なのだから。

中村獅童演じる甘興という武将もわからない。海賊出身の甘寧(甘興覇)なら有名だが、そんな奴いただろうか?調べてみると、中村は撮影後のインタビューで「本当は僕は、実在の人物で甘寧という役だったんですが、出番が増えていくにつれ、史実と変わってしまうので、全部役名も新たに架空の人物にしようということになったんです」と、語っている。あるいはPart 2との兼ね合いがあるのかもしれないが、史実と変わるとか、そんなことを気にして作っているようには見えない。

呉軍を指揮する周瑜この映画で主役的な立場にいる周瑜。呉の中では、劉備軍や諸葛孔明を最も警戒していた人物…のはずだが、あっさりと手を結ぶ。そして小喬といちゃつくシーンが無駄に多い。周瑜と孔明がいて頭脳戦はないのか、と思っていたら、映画の終盤で亀の甲羅を起源とする孔明の奇策「九官八卦の陣」を仕掛ける場面が。うまく曹操軍をおびき寄せ(というか、簡単に引っかかりすぎ)、敵を取り囲む。「さぁこれからどうするんだ」と思っていたら、敵の集団に有力武将が1人ずつ突っ込んで蹴散らしていった。…すまん、計略の意味がサッパリわからない。周りにいる大勢の兵士たちは壁にしかなっていないのだ。ようするに「豪傑の皆さん、あいつらやっちゃってくださいよ」と頼んでいるに過ぎない。こんなものは兵法とは言えない。そして、バッタバッタと倒していく場面が長すぎて飽きる。ただ、孔明が白羽扇を手に持って微笑んでいる姿は、画になっていた。

セットがとてもよく出来ているし、映像も美しい。岩代太郎の音楽も良い。しかし、そういった体裁を整えながら、総合的には駄作としか言いようがない。三国志を知っている人間でこの映画を高く評価する人がいるのか、甚だ疑問である。Part2の長い予告を見ていたらどういう展開か察しはついたので、わざわざ観る必要もないだろう。 (鑑賞日:2009年4月13日)

予告編

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/856-82525215

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1114]

僕は飛行機で1をみたんだけど 酷いよね
まー 時代が時代なんで どの史料が本当なのかも一概には言えないけど

 まードラゴンボールよりはましでしょうって感じだったけど 酷いのには違いないね。
 人海戦術がCGじゃなく 人使ってるのが流石中国だね

内容は僕もガチャピンさんと同じような感想です。
  • 2009-04-14
  • いっせい
  • URL
  • 編集

[C1115] いっせい さん

もしかしたら、美術や衣装はきちんと時代考証を行った上で
やっているのかもしれない。陽光を反射する金色の盾には
驚いたけど。あれは晴れの日しか使えないだろうな。

ドラゴンボールは、世界的に普及しているアニメが存在して
いる上でああいう内容になったから、受け入れられなかった
のだと思う。それに比べれば、確かにマシだろうね。
  • 2009-04-14
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。