Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/850-5a8754a0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【ALWAYS 続・三丁目の夕日】

あなたは人目のお客様です。

映画【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 製作国:日本 上映時間:146分
 製作年:2007年 劇場公開:2007年11月3日
 監督:山崎貴 興行収入:45.6億円
 ◇出演
 吉岡秀隆 茶川竜之介
 堤真一 鈴木則文
 小雪 石崎ヒロミ
 堀北真希 星野六子
 薬師丸ひろ子 鈴木トモエ
 須賀健太 古行淳之介

  評価:60点


■あらすじ
昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し、高度経済成長時代を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、茶川が黙って去って行ったヒロミを想い続けながら淳之介と暮らしていた。そこへある日、淳之介の実父である川渕が再び息子を連れ戻しにやって来る。

------------------------------------
鈴木家の面々タイトルにある通り、2005年に公開された【ALWAYS 三丁目の夕日】の続編にあたる作品。前作は数々の賞を獲得。私も観た時はVFXの素晴らしさに感銘を受けた。しかし、今回は観ていてウンザリしてしまった。

VFXの技術など、進歩している部分はある。ただ、それ以外がいけない。作品のコンセプトとして「前作を踏襲する」というのがあったのだろうが、結果として変化に乏しく新鮮味がない。恐らく原作に登場した複数のエピソードを散りばめている構成。しかし、内容はどれも浅くて扱いが雑。たとえば上川隆也の役は、いじり方によってもっと面白い存在にできただろう。あっさりしていて拍子抜けした。

メインに据えた茶川と淳之介の話は、前作でも甘い内容が気になったのだが、今回は更にその傾向が強い。展開も結末も読みやすく、これで観る者の感情に訴えようというのが難しい。こども受けはするかもしれないが、きれいな言葉ばかりでリアリティが欠けていることに腹が立つ。

前作を前編、今作を後編として続けて観れば、さほど違和感を覚えることなく楽しめるかもしれない。だが、別作品として捉えると、高く評価することはできない作品だ。 (鑑賞日:2009年4月5日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/850-5a8754a0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。