Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/822-83a795ad

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ブログを攻撃した18人を立件へ

あなたは人目のお客様です。

■芸能人ブログを集中攻撃、「炎上」させる…18人立件へ (2009年2月5日 読売新聞)

被害に遭ったスマイリーキクチ著名人などのブログに悪意の書き込みが集中して閉鎖に追い込まれたりする問題で、警視庁は、男性タレント(37)のブログを攻撃した17~45歳の男女18人について、名誉棄損容疑で刑事責任を追及することを決めた。

「殺人犯」などと事実無根の書き込みが繰り返されたという。警察庁によると、「炎上」と呼ばれる現象を引き起こす集団攻撃の一斉摘発は初めて。匿名を背景にエスカレートするネット世界の“暴力”に歯止めをかける狙いがある。

警視庁関係者によると、18人は大阪府高槻市の国立大職員の男(45)、千葉県松戸市の男(35)、札幌市の女子高校生(17)ら。すでに自宅などを捜索してパソコンや携帯電話のデータを押収、近く同容疑で書類送検する。

被害に遭ったのは、テレビのお笑い番組などで活躍していた男性で、18人は昨年1~4月、男性が開設したブログ上で、少年4人が殺人罪などで実刑判決を受けた東京・足立区の女子高生コンクリート詰め殺人(1989年)に、男性が関与したといういわれなき中傷をした疑い。「人殺しが何で芸人やるんだ」「死ね、犯人のくせに」「てめえは何をしたと思ってるんだ」--などの書き込みが、この短期間に数百件に上ったという。

きっかけは約10年前、所属芸能事務所が「足立区出身の元不良」とのうたい文句で男性を売り出したこと。その後、インターネットの掲示板に、男性を犯人扱いする書き込みが始まった。所属事務所は2002年、ホームページ上で「事件とは全く無関係」と告知したが、効果はなかった。

男性のブログは中傷を消しても消しても、後から書き込まれる状態が続き、昨年4月、男性はブログを書き込み禁止にするとともに、「タレントとしての名誉が著しく傷つき、芸能活動に重大な支障が生じた」として、中野署に被害届を提出した。
警視庁で通信記録を調べたところ、数十人が書き込みをしており、その中から執拗(しつよう)に悪質な書き込みを繰り返していた18人を特定した。

ネット上での中傷被害は年々増加しており、警察庁によると、全国の警察への被害相談件数は07年、過去最高の8871件。08年も上半期だけで5482件に上っている。 

-------------------------------
芸人として人気があったのは、随分昔だと感じるスマイリーキクチ。しかし、このニュースはブログをやっている人間(特に実名で書いている有名人)にとっては、大きな意味があると感じる。これまでは、炎上するとコメント欄を禁止したりブログを閉鎖するなどしかできなかったわけだから。そもそも、18人は何を考えてコメントをしたのか。その一例を、読売新聞が報じている。 

■タレント炎上ブログに「殺す」29歳女を脅迫容疑書類送検 (2009年2月5日 読売新聞)

バラエティー番組などで活躍した男性タレント(37)のブログが悪意の書き込みで炎上した事件に関連して、警視庁中野署は4日、このブログに男性の殺害予告を書き込んだとして、川崎市の派遣社員の女(29)を脅迫容疑で書類送検した。

同署幹部によると、女は1989年に東京・足立区で起きた女子高生コンクリート詰め殺人に男性が関与したと信じ込んで男性を脅しており、「許せなかった」と容疑を認めているという。

同署幹部によると、女は昨年12月26日、自宅のパソコンから男性のブログのコメント欄に、「殺す」と書き込みをした疑い。同庁は、ブログを攻撃した17~45歳の男女18人を名誉棄損容疑で書類送検する方針だが、その捜査の過程で女の脅迫行為が浮上した。

男性を巡っては、ネット上の掲示板や、男性が昨年1月に開設したブログに、コンクリート詰め殺人事件の犯人であるかのような事実無根の書き込みが殺到。男性は昨年4月に書き込みを制限するとともに、同署に被害届を出していた。

捜査関係者によると、女は、男性がブログの制限を解除した後の昨年12月24日、人気女性タレントの飯島愛さん(当時36歳)が渋谷区内の自室で遺体で発見された際、飯島さんのホームページなどを見て男性と飯島さんがこの殺人事件に関与したと誤解。「殺人のような犯罪に加担した人は許せないと思った」と供述しているという。 

-------------------------------
「イタい奴だな」というのが、率直な感想である。確かにそういう噂は私も目にしたが、頭から信じ込むとは困ったことだ。しかし、多くの人間が自分勝手に想像の翼を広げるのも事実である。

たとえば飯島愛の死についてもそうだ。ニュースが流れた日に「飯島愛の遺体が発見されたそうだね」というメールを知り合いに送ったところ、「クリスマスイブに自殺とは、意味ありげだ」という返信がきた。見つかっただけでその日死んだとは限らないし、自殺であるという確かな情報がなかったにも関わらず、相手はそう決めつけていたのだ。
{今年2月5日に渋谷警察署が「病理検査の結果、飯島愛が亡くなったのは発見される1週間程度前で、死因は肺炎」と発表したが、それを信じずに「暴力団陰謀説」や上記の「女子高生コンクリート詰め殺人事件関連説」支持しつづける人もいるはずだ}

恐らくこの29歳の女性にしても同類だろう。思い込みだけで物事を判断してしまっている。当人としては正義の代理人のつもりだろうし、「殺す」と書いても脅す意識はなかったと見る。
こういう問題が起きた時に思い出すのは、元2ちゃんねる管理人ひろゆきの語った「嘘を嘘と見抜けないと難しい」という言葉である。彼がそう言ったのは2000年で、掲示板の使用を念頭においての発言であった。あれから9年経ち、ネットにおける発信・受信の機会が増えた今では、より重みを増していると感じる。

しかしながら、インターネットに全ての責任を押し付けるのは考えものである。ユリウス・カエサルは、こう言った。「人間ならば誰にでも、すべてが見えるわけではない。多くの人は、自分が見たいと欲する現実しか見ていない」と。それから2000年経ち、日々の生活で接する情報は比べ物にならないくらい増えた。人間はその分賢くならなければいけないのだろう。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/822-83a795ad

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。