Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/817-6fadd240

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1108] 面白そうだね

 面白そうだね 買おうかな・・
最近wiiばっかりやって PS3ソフトかってはやってないよ
バイオ体験版やったけど 2以降やってなかったし
雰囲気変わってて戸惑ってます
  • 2009-03-05
  • いっせい
  • URL
  • 編集

[C1109] いっせいさん

「サクラ大戦」のチームが作った、という触れ込みだけど、
戦闘に関してはしっかりと作られている印象を受けたよ。
中古でも値段が結構していたけど、ベスト盤が出たので
考えてみてもいいと思う。
ちなみに、俺はPS3を買ってWiiを売ってしまった。

君が言うのは、PS3で配信されたBH5の体験版のこと
かな。俺もやってみたが、なかなか手強そうだと感じた。
  • 2009-03-05
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

PS3【戦場のヴァルキュリア】

あなたは人目のお客様です。

PS3【戦場のヴァルキュリア】 メーカー:セガ プレイ人数:1人
 ジャンル:アクティブ・シミュレーションRPG
 対応ハード:プレイステーション3
 発売日:2008年4月24日 価格:7980円
 Playstation3 the BEST
 発売日:2009年3月5日 価格:3990円

  評価:85点

■設定
架空の1930年代のヨーロッパが舞台。専制国・東ヨーロッパ帝国と共和制連邦国家・大西洋連邦機構(連邦)という強力な勢力に挟まれた小国・ガリア公国のガリア義勇軍ウェルキン・ギュンターとアリシア・メルキオットの視点が展開される。元民間人を含む20人(選択可能なサブキャラクターは約50人)ほどの第7小隊の姿を描くストーリーが展開される。

第7小隊の面々発売前から話題になっていたのは、独特のグラフィック。CANVASと呼ばれるシステムから、水彩の手描きイラストのような印象を受ける。写実的なCGとは異なった味わいがあり、ゲームの世界観によくマッチしている。個人的には、とても気に入った。

また、BLiTZ(Battle of Live Tactical Zones)と呼ばれる戦闘システムを採用しているのも特徴である。戦闘においてユニットを駒としてただ動かすのではなく、行動はアクション画面でプレイヤーが操作する。それによって緊張感が生まれている。敵を倒すはずのユニットが倒せなかったり、当たる確率の低い攻撃をくらってしまったりなど、誤算も起こりうる。頻繁に起きると、遊んでいてとてもイライラする。

ブリーフィングでユニットを配置このゲームの抱える問題は、「戦闘を最初からやりなおす」という選択肢がないこと。SRPGであれば、あって然るべきだと思うのだが…。ただ、戦闘を途中でセーブすることが可能なため(この機能もわかりにくいが)、うまくいったところまで進めて保存しておけばいい。難易度が下がるために嫌う人もいるだろう。が、そうしないとうまく乗り越えられない場面もあると感じた。「7章 バリアスの決戦」が特に難しい。

戦闘シーンユニットの種類によって格差が大きいことも残念である。作品中には戦車長、偵察兵、突撃兵、対戦車兵、支援兵、狙撃兵という6種が存在するが、頻繁に使うものとそうでないものにハッキリと分かれる。私の場合、前半は突撃兵が中心であり、後半は偵察兵と戦車長をよく使った。狙撃兵をもっと利用したかったのだが、戦場がそれを許さなかった。戦い方にもっとバリエーションがあるとありがたい。

戦力の中核となる戦車エーデルワイスレベル上げにもさほど魅力がない。ユニット単位で強くすることはいいと思うし、ポテンシャルが増えるのはいい。だが、使わない種類はあまり変わらない。武器の開発にも難点がある。こまめに開発を進めたとしても、終盤は下賜されたものの方が性能が上のため、開発がバカらしくなってしまう。このバランスも改善して欲しかった。

帝国軍のセルベリア。最初に戦った時は泣きたくなるほど強い。…とまぁ、システム等に関して色々不満を書いてきたが、ゲームのコンセプトとしてはとても良いと思う。今後の作品でより発展させていって欲しいと願う。
ストーリーには好感が持てる。専制国家vs共和連邦という構図はありがちだが、その間に立つ小国という設定が良い。地図の位置から、ガリア公国はバルト三国に相当。また、ダルクス人はユダヤ人をモチーフにしたのだろう。王道というべき内容をしっかりと作っている点を評価したい。終盤は超能力的なものが物語の軸となり、大友克洋『AKIRA』のようになっている点は多少気にかかる。それでも、エンディングを観た時はスッキリとした気分になった。

このゲームはPS3を購入する動機の1つだったが、遊べて良かったと思う。これだけの作品を創るのは大変だと思うが、メーカーに期待したい。 (プレイ期間:2009年12月中旬~1月上旬)

予告編

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/817-6fadd240

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1108] 面白そうだね

 面白そうだね 買おうかな・・
最近wiiばっかりやって PS3ソフトかってはやってないよ
バイオ体験版やったけど 2以降やってなかったし
雰囲気変わってて戸惑ってます
  • 2009-03-05
  • いっせい
  • URL
  • 編集

[C1109] いっせいさん

「サクラ大戦」のチームが作った、という触れ込みだけど、
戦闘に関してはしっかりと作られている印象を受けたよ。
中古でも値段が結構していたけど、ベスト盤が出たので
考えてみてもいいと思う。
ちなみに、俺はPS3を買ってWiiを売ってしまった。

君が言うのは、PS3で配信されたBH5の体験版のこと
かな。俺もやってみたが、なかなか手強そうだと感じた。
  • 2009-03-05
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。