Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/803-d4c253d2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

海堂尊【ブラックペアン1988】

あなたは人目のお客様です。

海堂尊【ブラックペアン1988】 単行本:317ページ 価格:1680円
 出版社:講談社 初版:2007年9月21日

  評価:75点

【チーム・バチスタの栄光】の関連作品の1つで、舞台は1988(昭和63)年の桜宮市。年代でいうとシリーズで最も古いため、登場人物が皆若い。内容としては、東城大学医学部付属病院総合外科教室「佐伯外科」に入局した新人研修医、世良雅志を中心に外科医の在り方を描いている。「製薬会社の接待で大学病院の医師が六本木で豪遊。長距離のタクシー代も会社持ち」という話は、バブル時代ならではと感じる。

ストレートでくせがなく、読みやすい作品だ。世良が適度に青臭いところがいい。終盤の展開は特別意外なものではなく、やや盛り上がりには欠ける。しかし医療小説を読み慣れていない人には適当だろう。シリーズ未読の人は、この作品から年代を追って読んでいくのもいいかもしれない。あと、最後の一文は芥川龍之介『羅生門』を模倣したものと思われる。 (読了日:2009年1月8日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/803-d4c253d2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。