Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/795-7cf7f768

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1099]

 僕は派遣という生き方を最初に選んだ人が悪いと思っています。
なかには、どうしても 旅行会社や金融など 決まった業界で働きたく 正社員は駄目だったけど派遣でもよいからその業界で働きたいって選んだ人もいるでしょう。 しかしその人でも 派遣のリスクは分かってえらんだはずだし、
 自由な時間は作れるフリーターの延長として選んだ人もいるでしょう。
今日では正社員 難しいかもしれないけど ここ3年間ぐらいは売り手有利で正社員の仕事も沢山見つけられたと思います。
 やはり何処かで苦労しないツケがきたんだよって僕は思います。
企業側のズルイ部分も勿論あるけど 派遣のリスクを分かって選んだのだし受け入れるべきだとはおもいますけどね。
  • 2009-01-03
  • いっせい
  • URL
  • 編集

[C1100] いっせいさん

あるいは、記事で書いたことと矛盾しているように感じるかもしれないが。

君の思い描く派遣労働者は、恐らく「学校を卒業したばかりの若年層で、
比較的仕事を自由に選べる環境にある人間」だと思う。だとしたら、その
指摘は的を射ているかもしれない。しかし、そういう人だけが全てではない。

特に製造業に関しては、従来正社員や契約社員でやっていた業務がここ
数年で派遣に切り替えられた(でも働いている人は同じ)場合もある。そう
いうケースで突然首を切られて戸惑うのも当然といえるだろう。

どこが自己責任で、何がシステムの欠陥なのか。それを見極めずに同じ
目線で語っていては、話は前に進んでいかないだろうね。

[C1116]

ガチャピンさんのご意見に同意です
他に選択肢も無く派遣に頼らざるをえない人もたくさんいらっしゃるのです
一方的に断定したご意見には反対せざるをえません
  • 2009-06-08
  • pichon
  • URL
  • 編集

[C1117] pichonさん

派遣を含む非正規社員についての認識は、地域や業種によっても
異なると思います。一部の管理職以外全て派遣社員という場合も
多いですからね。派遣で仕事が出来るようになり、給料が少々
上がることはあったとしても、そこから正社員になることは非常に
難しいです。そういう状況で「正社員にならなかったから悪い」と
評価するのは、酷という気がします。

会社からすれば、人員の調整弁として「非正規枠」を取っておきたい
ところでしょう。ただ、現在の法律が企業にとって有利であることは
否めないと思います。
  • 2009-06-08
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

年越し派遣村の功罪

あなたは人目のお客様です。

■「声届いた」「月曜以降は…」=喜びと不安-講堂開放の「派遣村」・厚労省
 (2008年1月3日 時事通信)

「年越し派遣村」から宿泊場所として開放された厚労省の講堂に向かう元派遣社員ら。「声が国に届いた」「月曜以降はどこで…」-。厚生労働省が2日、日比谷公園(東京都千代田区)の「年越し派遣村」に集まった元派遣社員らに講堂を開放したことに、派遣村の人たちからは喜びと不安の声が漏れた。同日午後8時前、「年越し派遣村」の湯浅誠村長が増え続ける宿泊希望者に対し、徒歩で5分ほど離れた同省講堂の開放決定を伝えた。

「やったー」。肌寒く、時折冷たい風が吹く公園内には、拍手も響く。湯浅村長は「あす以降は宿泊希望者はもっと増え、限界に来る。政府は開村から3日目にようやく講堂を開放した」と対応の遅れを批判。一方で「皆さんの声が国に届いた。歓迎したい」と話した。

しかし、講堂の使用期間は、同省が業務を開始する5日月曜日の午前9時がタイムリミットに。厚労省2階にある講堂に入った男性(53)は「先月6日に派遣の契約を切られた。派遣村に着いた時の所持金はたった3円だった」。約3週間、公園で過ごしてきたという男性は「月曜以降は、生活保護を申請し、日雇いの仕事を探すが、一体どうなるか…」と不安を述べた。

また、元不動産業の男性(59)は「最初から開放すればいいのに。行き当たりばったりだ」とした上で「昨夜は派遣村のテントで寝たが、土を通して寒さが身に染みた。講堂は暖房が利いていて暖かい」とやや満足そうな笑みを浮かべた。講堂には、布団などの荷物を持った派遣村の人たちが続々詰め掛け、ほぼいっぱいの状態。派遣村の担当者が「布団は体のサイズに合わせ、なるべく詰めて敷いて」「省内は禁煙ですのでご協力を」などとスピーカーで呼び掛けていた。

-------------------------------------
昨年後半から、急激に悪化している日本の雇用状況。私自身、前職では派遣だったこともあり「明日は我が身」という思いが強い。知り合いで「以前マツダとトヨタの工場で働いていた」という人間もいる。この年越し村の話を聞いて「なるほど、そういう立派なことをやる団体もあるのか。自分もそういう活動に参加したほうがいいのかな」と考えたりしていたのだが。このニュースを読んで、首をひねってしまった。運営の仕方や参加者の意見がおかしいのではあるまいか。

そもそも、この活動を主催しているのはNPO法人自立生活サポートセンター・もやい。その公式HPには派遣村の主旨についてこう書かれている。
「派遣切り」が集中する12/31及び直後の退寮日は、相談窓口となるハローワークが開いていません。ハローワークが閉まっている12/31から1/4までの相談窓口を開設し、あわせて住まいを奪われた労働者のための緊急食事対策・住居対策を実施します。1/5(月)には、厚生労働省への要請、国会請願デモなどを計画しています。

宿泊場所として開放された厚労省の講堂に入る元派遣社員ら。年末年始に炊き出しなどのイベントをはよく聞くが、住居まで用意する企画は少ないようだ。また「派遣村」というネーミングが良かったのか、相当数のマスメディアが取材に訪れたらしい。それに引き寄せられる形で、想定の範囲を超えた参加者数になった、ということだろう。
ただ、厚労省の講堂貸し出しのくだりがよくわからない。もし開村する前から政府と交渉してきたのならともかく、急に要求をしたとしたら計画性に欠けると言わざるをえない。厚労省にも責任はあるだろうが、せっかく施設を開放してもその数日後に要請やらデモをされるのだから、釈然としない部分はあるだろう。そもそも講堂は宿泊を想定した施設ではない。

ただ、それを「行き当たりばったり」 と参加者が言うのもおこがましい気がする。まぁ「元派遣社員ら」といっても、つい最近仕事と家をなくした人間もいれば、何年もホームレス生活を過ごしてきた人もいるはず。むしろ、後者のほうが多いのではないだろうか。発言を見ていると、中には年末年始の期間限定のイベントであることを認識していなかったり、「ここだけじゃなく全国でやってほしい」などNPOではなく政府がやっていると勘違いしている人もいるようだ。報道する側はとにかく「派遣は可哀相」ということをアピールしたいようだが、額面通りには受け取れない。国には噛み付いたとしても、広告主であるトヨタやキャノンといった大企業には厳しいことを何も言えないマスコミなのだから(特にテレビ)。

しばしば言われる通り、確かに政府の対応は良くないし労働者で同情すべき人は大勢いるだろう。だが、中には一定期間働きながら技能を磨くことや貯金を怠った人も含まれているはずだ。社会として自立支援の体制は整えるべきだとは思う。それは自ら立とうとする人に手を差し伸べることであり、ただ座して何もしない人を救うことではない。そういったことを各々が意識しないと、この世知辛い世の中を生きていけないと思う。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/795-7cf7f768

0件のトラックバック

4件のコメント

[C1099]

 僕は派遣という生き方を最初に選んだ人が悪いと思っています。
なかには、どうしても 旅行会社や金融など 決まった業界で働きたく 正社員は駄目だったけど派遣でもよいからその業界で働きたいって選んだ人もいるでしょう。 しかしその人でも 派遣のリスクは分かってえらんだはずだし、
 自由な時間は作れるフリーターの延長として選んだ人もいるでしょう。
今日では正社員 難しいかもしれないけど ここ3年間ぐらいは売り手有利で正社員の仕事も沢山見つけられたと思います。
 やはり何処かで苦労しないツケがきたんだよって僕は思います。
企業側のズルイ部分も勿論あるけど 派遣のリスクを分かって選んだのだし受け入れるべきだとはおもいますけどね。
  • 2009-01-03
  • いっせい
  • URL
  • 編集

[C1100] いっせいさん

あるいは、記事で書いたことと矛盾しているように感じるかもしれないが。

君の思い描く派遣労働者は、恐らく「学校を卒業したばかりの若年層で、
比較的仕事を自由に選べる環境にある人間」だと思う。だとしたら、その
指摘は的を射ているかもしれない。しかし、そういう人だけが全てではない。

特に製造業に関しては、従来正社員や契約社員でやっていた業務がここ
数年で派遣に切り替えられた(でも働いている人は同じ)場合もある。そう
いうケースで突然首を切られて戸惑うのも当然といえるだろう。

どこが自己責任で、何がシステムの欠陥なのか。それを見極めずに同じ
目線で語っていては、話は前に進んでいかないだろうね。

[C1116]

ガチャピンさんのご意見に同意です
他に選択肢も無く派遣に頼らざるをえない人もたくさんいらっしゃるのです
一方的に断定したご意見には反対せざるをえません
  • 2009-06-08
  • pichon
  • URL
  • 編集

[C1117] pichonさん

派遣を含む非正規社員についての認識は、地域や業種によっても
異なると思います。一部の管理職以外全て派遣社員という場合も
多いですからね。派遣で仕事が出来るようになり、給料が少々
上がることはあったとしても、そこから正社員になることは非常に
難しいです。そういう状況で「正社員にならなかったから悪い」と
評価するのは、酷という気がします。

会社からすれば、人員の調整弁として「非正規枠」を取っておきたい
ところでしょう。ただ、現在の法律が企業にとって有利であることは
否めないと思います。
  • 2009-06-08
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。