Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/775-29a6d3b8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上杉隆の筑紫哲也評

あなたは人目のお客様です。

筑紫哲也氏=京都市下京区のシルクホールで2006年12月23日11月7日に亡くなった筑紫哲也について、多くのメディアが報じた。そんな中、上杉隆が興味深い記事を書いている。

週刊上杉隆 【第53回】 2008年11月13日
筑紫哲也氏は本当に賞賛すべきジャーナリストだったのか

これを読んで、いくぶん気持ちがスッキリした。確かに筑紫は色々な分野で活動し、報道陣として優れた功績を残してきた人物かもしれない。だが、その仕事を讃える報道ばかりであることに、私も違和感を禁じえなかったからだ。

私が彼の存在を認知した時、TBS『筑紫哲也. NEWS23』は既に始まっていた(1989年10月開始)。その4年前から始まっていたテレビ朝日『ニュースステーション』の久米宏と共に民放ニュースキャスターの代表格であり、影響力もあった。「職場で朝、政治経済について偉そうに語っているオヤジは、前日に筑紫か久米が喋っていたことをそのまま言っているだけ」なんて話を、90年代前半はよく聞いたものである。当時中高生だった私も、たまに番組を観ていた。

しかし1995年、彼への印象が大きく変わる出来事があった。TBSビデオ問題への彼のコメントである。Wikipediaから抜粋すると

◇TBSビデオ問題へのコメント
1995年の一連のオウム真理教関連の犯罪が明らかになった際に、TBSのワイドショー『3時にあいましょう』のスタッフがオウム真理教幹部に坂本堤へのインタビュー映像を事前に視聴させた事実が発覚した。これが坂本堤弁護士一家殺害事件の一因となったとされ、TBSは世間からの非難にさらされた。この問題に関して、筑紫は「NEWS23」の中でTBSの対応に疑問を呈し続けた。TBS社長が過ちを認めた1996年3月25日のNEWS23多事争論では「TBSは死んだに等しい」と発言し激しく批判した。

この放送回は私も観ていて、素直に「筑紫やるなぁ」と感じた。自分の番組を放送している局についてビシッとコメントするあたり、大したものだ。こういう発言をするからには、降板する覚悟があるのだろう、と。
ところが、彼は辞めないのである。当初は「今日明日で辞めるわけにもいかないのだろう。色々と事情もあるだろうし」と思っていたが、しばらく経っても何も変わらない。「どうやら辞める気が全くないらしい」ということに気づき、ガッカリした。そこからの彼は、私にとって「ジャーナリストの」ではなく「TBSの」筑紫哲也という印象が強い。前述した上杉の記事には

 「『君臨すれども統治せず』というのが、番組開始以来の私の一貫した姿勢です」

というコメントが載せられているが、番組内で筑紫を王様とすれば周りは下僕。そして彼の言う通り、自ら取材したり映像に編集権のある「絶対王政」ではなく、「立憲君主制」。スタッフが「王様、これでいかがでしょう」と差し出された情報に、ちょこちょこコメントすれば成立する。それが『NEWS23』という番組の姿だったと思う。筑紫はジャーナリストの魁だったかもしれないが、最後までその姿勢を貫けたかは疑問である。

しかしながら、上杉もただ筑紫についてコメントするための記事を書いたわけではなさそうだ。

筑紫氏のジャーナリストとしての仕事を認めるならば、日本のメディア、とくに朝日新聞とTBSには、是々非々の検証が求められているのではないか。

筑紫のことを先駆者と褒め称えているマスメディアの諸君は、そのバトンを受け継いでいるのか。そもそもジャーナリズムが何たるか、などと語れるほど立派な仕事を行っているのか。その疑問こそ、上杉がもっとも問いかけたいことなのかもしれない。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/775-29a6d3b8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。