Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/768-14d0bf93

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

小室哲哉の逮捕と彼の作品への思い出

あなたは人目のお客様です。

■小室哲哉氏、逮捕へ 著作権譲渡話めぐり5億円詐取容疑
 (2008年11月4日 朝日新聞)

取り調べのために大阪地検に向かう小室哲哉容疑者90年代に多くのヒット曲を生んだ小室哲哉・音楽プロデューサー(49)について、大阪地検特捜部は、自作曲の著作権の譲渡話にからんで兵庫県芦屋市に住む男性投資家から5億円をだましとった疑いがあるとして、詐欺容疑で小室プロデューサーと関係者の逮捕状を取った。4日にも逮捕する方針。

特捜部は、全額が本人の借金返済にあてられたとみて調べている。小室プロデューサーはかつては高額の印税収入を得ていたが、近年は音楽事業の失敗などで多額の負債を抱えていたとされる。音楽著作権をめぐる大型詐欺事件の摘発は例がないとみられる。

特捜部によると、小室プロデューサーは、自作の曲や歌詞など806曲の著作権について男性投資家に「著作権の譲渡に関する権限はすべて自分が所有している。10億円で譲渡したい」などと持ちかけ、06年8月に前払いを受けた5億円をだまし取った疑いがあるという。

これらの小室プロデューサーの作品群の著作権について特捜部は、当時、すでにレコード会社側などに譲渡され、その一部は文化庁に登録されていたため、投資家側がすべての著作権を直ちに取得することは不可能な状態だったとしている。特捜部は、小室プロデューサーがこうした事実を隠し、実現の見込みがない譲渡話を投資家に持ちかけたとみている。

著作権をめぐる資金の流れ

特捜部によると、小室プロデューサーは806曲の著作権を譲渡する仮契約を結んだ後、投資家に「離婚した元妻への慰謝料7億円の支払いが滞り、著作権の印税収入を差し押さえられた。本契約のため、差し押さえ解除の費用として5億円を払ってほしい」と説明したとされる。投資家はこれに応じ、仲介役となった東京の広告会社代表(56)の会社名義の口座経由で、小室プロデューサーが当時所属していた芸能プロダクション会社の口座に5億円を2回に分けて振り込んだという。

結局、著作権は譲渡されず、投資家とトラブルになった小室プロデューサーは昨年10月、投資家に対する5億円の債務がないことの確認などを求める訴訟を神戸地裁尼崎支部に起こした。訴訟の中で「5億円は当時の芸能プロの社長が自分に無断で作成した口座に入金され、社長がすべて使った」と主張した。しかし、特捜部は、小室プロデューサーは金銭の管理を当時の芸能プロ社長(45)に一任していたとみており、5億円は小室プロデューサーの借金返済にすべて使われ、うち1億5千万円が資金の貸主でもあった仲介役の広告会社代表に、残る3億5千万円も別の貸主に渡ったとしている。
小室プロデューサーの代理人の弁護士は朝日新聞の取材に対し、「この件については何も話せない」と回答している。

◇データ
小室プロデューサーが作詞作曲した主なヒット曲小室プロデューサーは83年、音楽ユニット「TMネットワーク」を結成。渡辺美里さんへの楽曲提供のほか、安室奈美恵さんや華原朋美さんらのプロデュースを手がけ、自作曲で95年の「Overnight Sensation~時代はあなたに委ねてる~」(trf)から98年の「wanna Be A Dreammaker」(globe)まで日本レコード大賞を4年連続受賞した。相次ぐヒット曲の印税収入で96、97年分の高額納税者番付では全国4位になった。だが近年はヒットが出ず、芸能関係者によると、海外での音楽事業の失敗などで多額の借金を抱えていたという。07年4月には尚美学園大(埼玉県)の特任教授に就任。今年2月には久しぶりのオリジナルアルバムをネット配信するなど新たな取り組みにも意欲をみせ、11月下旬には妻のKCOさんらとのユニット「globe」名義での新作発表を予定していた。(了)

■小室哲哉天国から地獄、最近は金策に走る (2008年11月4日 日刊スポーツ)

大阪地検特捜部が詐欺容疑で4日に逮捕する方針を固めた小室哲哉(49)は日本芸能史で経済的に最も成功した男だった。90年代後半、音楽史に残るセールス記録を次々と樹立。絶頂期には2年連続で高額納税者番付4位となり、預金総額は100億円を超えた。海外別荘に加え、豪華クルーザー、高級外車をいくつも保有した。ところが、00年以降、離婚した前妻への巨額慰謝料の支払い、海外での事業失敗も重なって転落人生が始まった。最近は悪化する資金繰りに苦しみ、資産を切り崩すその場しのぎの生活を続けていた。

05年6月、携帯音楽プレーヤー課金問題についてインタビューに答える小室哲哉プロデューサー絶頂期の小室は、文字通りけた違いの金満生活を送っていた。当時を振り返ったインタビューでも「通帳は10けたまでしか表示されないから、途中からけたが分からなくなりました」と答えており、預金は軽く100億円を超えていた。スタッフを引き連れたラスベガス旅行では自家用ジェット機を使い、ギャンブルの“軍資金"も振る舞う豪遊だった。ロス、ハワイ、バリ、マリブなど世界を代表するリゾート地には、レコーディングスタジオを併設した別荘を建てた。別荘には豪華クルーザーを停泊させ、都内の豪邸にも最高級クラスのベンツやフェラーリなど高級外車をいくつも並べた。

栄華を極めた生活を支えたのは、音楽史上に残る空前のCDセールスだった。小室ファミリーと呼ばれた楽曲提供アーティストはチャート上位を常に独占。96年は、globeのアルバム「globe」が売り上げ400万枚以上に達し、オリコン記録を塗り替えた。安室奈美恵のアルバムも300万枚を超えるなど、96年だけでもCDを1500万枚以上も売った。96年から2年連続で高額納税者番付で全国4位になるなど、資産のスケールは芸能界の枠を超えていた。97年の納税額は約11億7000万円で推定所得は23億円を超えた。

止まらない勢いに乗り、96年末には米国のメディア王ルパート・マードック氏が率いる会社と香港に合弁会社を設立し、アジア進出に乗り出した。翌97年にはハリウッド映画「スピード2」のテーマ曲も手掛けるなど日本音楽界のトップに君臨した。
つまずきは、頂点を極めた直後から直後から始まった。99年以降、CDの売り上げは急降下。投資した海外事業が70億円といわれる巨額の損失を出すなど、失敗も表面化した。01年から吉本興業と契約を結び、活動の幅を広げようとしたが、上昇の気配はなかった。

とどめを刺すように、01年に結婚した歌手吉田麻美と02年に離婚した。7億円とも言われる慰謝料を一括で支払う財力はすでになく、娘の養育費は分割払いで合意したが、04年ごろからそれも滞りがちだったという。資金繰りの悪化で台所事情は苦しくなる一方だった。このころから別荘や株、高級外車、クルーザーなど資産売却を始め、現在までその場しのぎの生活を続けていた。関係者によると、数日前も知人を頼りに数千万円の借用を申し出る金策に走っていた。返済の意思を示すことができていたら、逮捕はなかったのかもしれない。(了)

■逮捕報道を受けて、globeの所属するエイベックスが声明を発表
 11月、12月に発売される予定だったシングルの発売中止。音楽配信について全曲配信停止。

-----------------------------------
本日の朝刊各紙が一面で取り上げたこのニュース、人によって受け止め方は様々だろう。個人的には「とうとうこうなったか」という思いが強い。小室哲哉に関しては21世紀に入ってからというもののロクなニュースを耳にしておらず、特に今年に入ってからきな臭さが漂っていた。そのうち告訴されるか破産するのではないか、と思っていた矢先の今回の報道である。

2008年11月4日スポーツ報知一面詳しい容疑については上記の通りだが、事件そのものよりも「小室哲哉が昔どれだけ売れていたか」取りあげる傾向が強い。全盛期から10年近く経ったことで、懐かしく感じる方も多いのだろう。いわゆる「小室ファミリー」として一世を風靡していた1990年代はもちろん、TMネットワークとして活動していた80年代中盤を含めると、幅広い世代が影響を受けている。いわゆる「団塊ジュニア」、「アラサー」あたりは直撃と言っていい。たとえば2004年にGREEの「1976年生まれ」コミュニティのオフ会に参加した際、小室哲哉信者の女性がいて、「この前コンサートに行ってきた」と嬉しそうに語っていた。かなり美人だったが、彼女は今回の報道に何を思うのだろう。

また、90年代半ばにとある音楽業界の人間と話した際に「なぜ小室哲哉の楽曲は売れているのか」尋ねたところ、「日本人の好む鉄板のコード進行があり、小室はそれをなぞっているだけ。あそこまであざとくやっていると、オリジナリティも何もない」と語っていたことを思い出す。
そういえばH Jungle With tを結成した際に「日本では次にジャングルがくる」と小室はコメントしていたが、その言葉は実現せぬまま今日に至る。ヒットメーカーの彼であっても、ムーヴメントを起こせない時があるのだ。

更に時代を遡(さかのぼ)ろう。彼が作曲者として認められたのは、渡辺美里『My Recvolution』(1986)から。最近では映画『ハンサム★スーツ』の主題歌としてTVCMでも流れている。この「作詞:渡辺美里/作曲:小室哲哉」というコンビでは他にも良い曲があり、『ムーンライトダンス』 『卒業』 『悲しいね』などが味わい深い。(他に大江千里とかバービーボーイズとか、当時EPICソニーに所属していたミュージシャンはカッコよく感じたものである)
数ある小室の作品の中で、私が今選ぶとしたらTMネットワーク『Still love her(失われた風景)』(作詞:小室哲哉/作曲:小室哲哉、木根尚登/編曲:小室哲哉)。アニメ『シティハンター2』のエンディングと共にどうぞ。

Still love her(失われた風景)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/768-14d0bf93

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。