Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/766-3e5ad19b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

海堂尊【ナイチンゲールの沈黙】

あなたは人目のお客様です。

海堂尊【ナイチンゲールの沈黙】 単行本:413ページ 価格:1680円
 出版社:宝島社 初版:2006年10月6日
 公式サイト
 文庫本:(上)299ページ (下)301ページ
 価格:(上)(下)共に各500円
 出版社:宝島社 初版:2008年9月3日

  評価:60点

■あらすじ
東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。

--------------------------------
【チーム・バチスタの栄光】【ジェネラル・ルージュの凱旋】に続き、海堂尊の作品を読むのはこれで3冊目。『田口・白鳥コンビ』のシリーズでいうと、2冊目にあたる。

この作品は出版された時から存在は知っていたのだが、手にすることはしなかった。というのも、【チーム…】に比べて評判があまり良くなかったからだ。面白かった作品がシリーズ化することでダメになってしまうのは、メディアに関わらずよくある話である。ただ、つい昨日読んだ【ジェネラル…】がなかなか良かったので、読んでみることに。そして理解した。なぜ評判が悪いのかを。

理由は大きく2つ考えられる。1つ目は、読者の期待していた内容と違ったこと。架空の舞台であっても、医療の緊迫感などが伝わってくるものを期待したのだろう。しかし、今回は医療云々というより、ミステリーと超能力的な話がメインなのである。公式HPによれば「メディカル・エンターテイメント」というジャンルと位置づけしているようだから、別に何をしてもいいのだろう。しかし、そのミステリーの出来がいいとは言えず、それほど面白くない…これが2つ目の理由だ。

とはいえ、全く取り得がない本ではない。この作品と【ジェネラル…】は同じ時間軸で動いていて、クロスする部分がそこかしこにあり、それぞれの内容を補完している。2冊を読むことで、東城大学医学部付属病院で何が起きていたか、理解できるのだ。しかしながら、単品としてはおすすめできない。 (読了日:2008年11月3日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/766-3e5ad19b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。