Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/752-7cf9bf68

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

畠中恵【しゃばけ】

あなたは人目のお客様です。

畠中恵【しゃばけ】 単行本:250ページ 価格:1575円
 出版社:新潮社 初版:2001年12月

 文庫:342ページ 価格:540円
 出版社:新潮社 初版:2004年3月

  評価:70点

■あらすじ
江戸有数の薬種問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。以来、猟奇的殺人事件が続き、一太郎は家族同様の妖怪と解決に乗り出すことに。若だんなの周囲は、なぜか犬神、白沢、鳴家など妖怪だらけなのだ。

------------------------------------------
2001年に第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。これまで7作品が世に出ている、人気シリーズである。長編はこの【しゃばけ】だけで、あとは短編集らしい。

なるほど、主人公一太郎や彼を取り巻く様々なキャラクターは魅力的である。ただ、話の出来としては正直期待していたほどではなかった。謎とそれに対する答えが、少々強引な印象を受けた。別に本格的ミステリーファンというわけではないが、スマートでないのは事実だろう。それほど長い話ではないものの、途中で中だるみを感じてしまった。特に女性読者から高く支持されているようだが、個人的な評価はまずまず。ファンタジーもミステリーもちょっとずつ味わいたい人には薦められる1冊。 (読了日:2008年10月8日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/752-7cf9bf68

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。