Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/746-86999db8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【ベン・ハー】

あなたは人目のお客様です。

映画【ベン・ハー】 BEN-HUR
 製作国:アメリカ  上映時間:240分
 製作年:1959年  日本公開:1960年4月
 監督:ウィリアム・ワイラー
 ◇出演
 チャールトン・ヘストン ユダ=ベン・ハー
 ジャック・ホーキンス クインタス・アリウス
 ヒュー・グリフィス 族長イルデリム
 スティーヴン・ボイド メッサーラ
 ハイヤ・ハラリート エスター

  評価:90点


■あらすじ
紀元26年、ローマ帝国支配時代のユダヤにローマから一人の司令官が派遣される。その名はメッサーラ。メッサーラは任地のエルサレムで有力貴族のベン・ハーと会う。2人は幼馴染であり、久々の再会を喜んだ。だが、その立場は支配する者とされる者。その付き合いは、子どもの時のようにはいかなかった。

---------------------------------------------------
映画史に残る戦車競争の場面超大作と呼ぶにふさわしい、壮大なスケールをした作品。多額の製作費用をかけたことが随所に窺える。幕間を挟むとはいえ、よくこれだけの長さで作ったものだ。ストーリーは重厚で、1本の映画というよりは大河ドラマに近い印象。

映像的にはさすがに古くささは否めず、海戦の場面はチャチに映る。しかし戦車競争の場面は大迫力で、今日でもその凄さに圧倒される。音楽は良い。ただ自己主張が強すぎて、映像とのバランスを欠いている気がする。

<以下ネタバレ含む>
内容的には、戦車競争が終わるあたりまでかなり楽しめた。ただ、死病にかかったという母妹の顔のメイクがあっさりしていて、拍子抜け。もっと醜いものを想像していたのだが…。そしてキリストの奇蹟で締めくくる結末は予想しやすい。また病気や心の苦しみが救済されることが安易に映り、さほど心に響いてはこなかった。しかしながら、映画の陰の主役であるキリストを引き立てるには、ああするほかなかった気もする。
これほどの作品が今後作られる可能性は低いだろう。近年の作品だと「グラディエーターと似ている」という声も聞かれるが、賛同しかねる。両方を観れば自ずとわかるだろう。その格の違いというものを。 (鑑賞日:2008年9月17日)

予告編(英語)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/746-86999db8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。