Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/74-b19da5e8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲】

あなたは人目のお客様です。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
◇あらすじ
野原一家の住む街の近所に、『20世紀博』というテーマパークが登場する。ウルトラマンのような特撮ヒーロー、魔法を使う少女になりきれるスタジオがあり、東京タワーや(大阪万博で作られた)太陽の塔も置かれている。そこに広がっているのは昭和の世界。しんのすけ(しんちゃん)の両親であるひろしみさえをはじめ、大人達は皆夢中。子供達は何が楽しいのか、さっぱりわからない。しかし『20世紀博』には、ある目的が隠されていた。作ったのは秘密結社イエスタデイワンスモア。「暗い21世紀を捨て、希望に満ちあふれていた20世紀を生きよう」と考える彼らの、真の狙いとは…。
2001年に公開された、臼井儀人(うすいよしと)原作のTVアニメの劇場版第9作。「子供に見せたくない番組」と言われる事もある『クレヨンしんちゃん』だが、この作品は一味違う。むしろ子供より大人が楽しめる内容となっている。ギャグもあるが、全体的にシリアスだ。

話の中でポイントとなるのが、大阪万博が行われた1970(昭和45年)前後の日本社会。当時人々はどう暮らしていたか、子供達は何を楽しみにしていたか。そういった内容が随所に盛り込まれている。描かれた町並みが素晴らしい。夕食の買い物客で賑わう商店街、響く豆腐屋のラッパの音、作った料理を分けてくれる近所のおばさん……それら全てを包み込む、赤い赤い夕焼け。その頃の記憶や知識がある人間にとって、非常に懐かしい風景である。プレイステーション『ぼくのなつやすみ』に通じるものを感じる。作品の挿入歌にベッツィ&クリス『白い色は恋人の色』(1969)や吉田拓郎『今日までそして明日から』(1971)を使っているのも、効果的だ。

作品の主人公はしんのすけだが、もう1人の主役はひろしである。恐らく1960年代前半に生まれ、かつてウルトラマンに憧れていた少年も、今や幼い2児を抱える父親。生活に疲れを感じる時はある。「昔は良かった」「あの頃は楽しかった」。そう呟く事もある。思い描いていたほど明るくない21世紀を迎え、彼は自分の人生をどう思うのか。ひろしの回想シーンは、見せ場の1つ。

観ている者の心に、昭和へのノスタルジーを感じさせる作品。そういえば私が幼かった1980年代前半、どこの家の電話機も(受話器の重たい)黒電話だった。そしてテレビのチャンネルはガチャガチャ手で回して変えていた。そんな事を思いだした。   評価:90点
この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー


■コメント
ナメラ商店街
- 2005/05/15 21:48
「オトナ帝国の逆襲」は、クレしんの映画の中でも名作中の名作!子供向きだと思わせておいて、実は大人だからこそ意味の分かる内容ですね。ただの懐古で終わるのではなく、今を「生きること」への決意表明である結末にグッときました。 途中、幼稚園バスを乗っ取ってカーチェイスをする場面がありますが、幼稚園児なのにMT車の運転の知識を持つボーちゃんって一体…? 万博を知っている方やガンバルお父さんは必見ですよ。

★おっ、ご覧になったんですね。観た人は大体気に入りますよねー。他の作品はそんなに好きじゃないんですけど…。バスの運転とか、細かい設定はあまり気にされないように(^^;)

ラップトップ - 2005/05/16 18:50
おぉ~、クレヨンしんちゃんだぁ☆ 。。。映画見たいよぉ。。。えぇ~ん。まんが本なら持っているんですがぁ。イギリスに移っても未だに、本棚に。。。笑 (しかも専門書と一緒に並んでたりしてぇ。。。笑) これって、ハマる漫画でした。いまだに大好きです。大人向けのギャグもなにげに散りばめられてて♪ 私的には「みさえ」さんに感情移入しちゃうんですがね。笑貧乳だけに、似てるかもっ。。。と。。。ハハハッ。しんちゃんって、実は賢いヤツだと常々思うのですが。大器晩成タイプかしらん~。。。笑

★おっ、お好きですかークレヨンしんちゃん。コミックスをお持ちなんですね♪私の場合、漫画はあまり読んだ事なくて、アニメの方が接する回数は多いです。でも漫画も面白いですよね。 確かに大人向けのギャグはありますね。子供はわかるのかな、と思ったり…。ラップトップさんはみさえに感情移入してしまうんですか?胸が似ている、と。お尻は大きいんでしょうか(^^;) しんのすけは賢いです。大人になったら、きっと大物になるでしょう。ずっと子供なところが惜しまれます。

ハム - 2005/05/16 21:10
ガチャピンさんがクレヨンしんちゃんなんて・・・意外・・・(笑)前からこの映画は面白いって時々耳にしてたんですけどね~なんか・・・見る気になれなくて・・・(ナメラ商店街さんも名作って言ってる!)私、テレビでもほんの数回しかしんちゃん見たこと無いくらい、微妙に興味もてなかったんですけど、ガチャピンさんが言うなら面白いんじゃない?って思っちゃうから不・思・議☆ 今度日本帰ったら友達のおたく風妹と見て見ます!(笑)いや、一人でも見ます。見ず嫌いはだめですから!

★意外ですかー。確かにイメージに合わないかもしれませんね。この作品は、多分劇場版のシリーズで 1番有名な作品でしょうね。良い評判は、私も耳にします。 TVアニメに興味を持てなかったというのは気になりますが、ハムさんのように純粋で優しい女の子(願望)なら、ジーンとくる作品だと思いますよ♪

et nico - 2005/05/16 22:35
ガチャピンさんが、くれよんしんちゃんをネタにするって意外でした~。私は観てないんですけど、弟(三児の父)が先日、観に行ったと言ってたので感想を聞いてみますね。

★むむ、et nicoさんも意外に思われますか。綺麗なお姉さんが大好きなところは、しんちゃんと一緒なんですが……関係ないですね。 今公開されている作品は知らないんですが、幾つか観た劇場版で、唯一楽しめる作品がこれでした。昭和の日本を知っている人なら、楽しめる内容だと思います。

Birigian - 2005/05/16 23:09
へぇ~、クレヨンしんちゃんですかぁ。まともに見た事無いんですが(相変らずTV離れしてる)コレは面白そうですね。機会が有れば見てみたいです。 …いつになったらレンタル会員登録するのやら…

★そう、クレヨンしんちゃんなのです。たまにはこういう作品も観るんですよ。 Birigianさんは漫画はお好きでも、アニメは観ないんですね。そして相変わらずレンタル会員証がない生活だと……^^;) もし借りられる機会があったら、ご覧になってください。

seri - 2005/05/17 4:00
これはクレヨンしんちゃんシリーズの中でものすごい絶賛されている映画ですよね~◎ 私も大好きです。ラストシーンも好きだし、最後のしんちゃんの台詞が胸にきます。。笑あり涙ありの名作だと思います。あんな家庭本当にあったらいいのに~と思いますねぇ。笑。高校の頃世界史の先生が「これぞ本当の家族愛!」といっていたのを思い出しました^^

★こんばんは、随分遅い時間の書き込みですね。成果展はうまくいきましたか?この作品はseriさんもご覧になったんですね。かなり印象に残っているようで…。確かに、家族の絆を感じますよね。世界史の先生が絶賛したのもわかります(^^)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/74-b19da5e8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。