Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/714-981eb516

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【レイジング・ブル】

あなたは人目のお客様です。

映画【レイジング・ブル】 RAGING BULL
 製作国:アメリカ 上映時間:128分
 製作年:1980年 日本公開:1981年2月
 監督:マーティン・スコセッシ
 ◇出演
  ロバート・デ・ニーロ ジェイク・ラモッタ
  キャシー・モリアーティ ビッキー・ラモッタ
  ジョー・ペシ ジョーイ・ラモッタ
  フランク・ヴィンセント

  評価:60点

■あらすじ
1964年、ニューヨーク。バルビゾン・プラザ・シアターの楽屋で、1人、映画「波止場」のシナリオの一節をくり返すジェイク・ラモッタ(ロバート・デ・ニーロ)の姿があった。彼はかつて「怒れる牡牛」と呼ばれた世界ミドル級チャンピオンに輝いた男だった。

-------------------------------------
ビッキーの首を絞めるジェイクこの映画の良いところ。まず、モノクロの映像。白黒でありながら、色彩が感じられる。続いて、音楽との組み合わせも優れている。特にオープニング。マスカーニ作曲のオペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』の間奏曲が良い。役作りのために体重を20kg以上増やしたという、デ・ニーロの役作りもすさまじい。ボクシング・シーンの迫力は大したものだ。

ただ、上記以外のことについては好きになれない作品だ。ジェイクがとにかく気の短い男で、すぐに怒り、人を殴る。気の食わないプロモーターに始まり、自分の妻や、トレーニングパートナー兼マネージャーでもある弟。猜疑心が非常に強く、言いがかりをつける。ボクシングで勝ち続けているうちはまだいいが、当然のように周りから人間はどんどん去っていく。そういった展開が続くことにイライラしたし、全く楽しめなかった。「ボクシング映画の最高峰」とも言われているが、個人的には【ロッキー】の方がずっと良かった。 (鑑賞日:2008年7月26日)

オープニング

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/714-981eb516

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。