Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/710-d685e6e1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【憑神(つきがみ)】

あなたは人目のお客様です。

映画【憑神(つきがみ)】 製作国:日本 上映時間:107分
 製作年:2007年 劇場公開:2007年6月23日
 監督:降旗康男
 ◇出演
  妻夫木聡 別所彦四郎
  夏木マリ 別所イト
  佐々木蔵之介 別所左兵衛
  香川照之 甚平
  西田敏行 伊勢屋(貧乏神)
  赤井英和 九頭龍(疫病神)
  森迫永依 おつや(死神)

  評価:60点

■あらすじ
時は幕末。代々将軍の影武者を務めてきた由緒ある家柄の次男として生まれた別所彦四郎。下級武士ながら文武両道に優れ将来を嘱望されていたが、ある事件をきっかけに婿養子に行った先から離縁され、兄夫婦のもとで肩身の狭い日々を過ごす羽目に。そんな彼はある日、昌平坂学問所のライバルで今では軍艦頭取に出世した榎本武揚と再会する。

-------------------------------
死神(左)と彦四郎彦四郎と3人の神を中心に描かれた物語。前半はコメディ、後半はシリアスなタッチ。神と接し、時代に翻弄される中で、彦四郎は己がいかに生き、死んでいくか見つめていく。 ほんわかした雰囲気の中にも、重いテーマがある。出演者の中では、西田俊行、香川照之の演技が光る。

それなりによく出来ている作品とは思うのだが、観る者に訴える力は弱いと感じた。彦四郎が基本的に「人の好い奴」のままなのだ。そこで彼の苦悩や欲望をもっと描けていれば、説得力はあったと思うのだが。神との駆け引きも、登場順に魅力が落ちていく。最後の浅田次郎が出演するシーンも要らない。総合的には、制作者の自己満足に留まった作品と観る。 (鑑賞日:2008年7月24日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/710-d685e6e1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。