Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/709-22216774

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【マリー・アントワネット】

あなたは人目のお客様です。

映画【マリー・アントワネット】 MARIE ANTOINETTE
 製作国:アメリカ 上映時間:123分
 製作年:2006年 日本公開:2007年1月20日
 国内興行収入:21.0億円
 監督&脚本:ソフィア・コッポラ
 ◇出演
 キルステン・ダンスト マリー・アントワネット
 ジェイソン・シュワルツマン ルイ16世
 リップ・トーン ルイ15世
 アーシア・アルジェント デュ・バリー夫人
 ジェイミー・ドーナン フェルゼン伯爵

  評価:50点

■あらすじ
14歳のオーストリア皇女アントワーヌは、母マリア・テレジアの意向によりフランス王太子のもとへと嫁ぐことに。フランスへ渡り、王太子妃マリー・アントワネットとして、ヴェルサイユ宮殿での結婚生活に胸をふくらませるマリーだったが、その実態は朝から晩まで大勢のとりまきに監視され、悪意に満ちた陰口に傷つく日々だった。

------------------------
ヴェルサイユで豪遊の日々「美人だった」と伝えられるマリー・アントワネットを果たしてキルステン・ダンストが演じられるのか?という意見がよく聞かれる。確かに、女優の中ではさほど美人とは言えない彼女だが、なかなかよく頑張っていたと思う。少なくとも【スパイダーマン】シリーズの彼女に比べれば、華があった。10代の初々しさを求めるのは難しいが、それならばジェイソン・シュワルツマンのルイ16世(登場時15歳)の方が厳しい。

作品の出だしはなかなか良く、輿入れする際の描写(抱いているパグ犬がかわいらしい)や、無駄に手間のかかる衣装替えなどの描写は興味深い。ロケは本物のヴェルサイユ宮殿で行っていて、美術・衣装にかなりお金をかけているようだ。
登場するのは貴族ばかりで、映し出されるのは宮殿の風景が中心。華やかな生活を送る中で、マリー・アントワネットの抱える悩みや苦労を描いている。全体的にキッチュでポップでガーリーな仕上がり。話の流れは一本調子。淡々と進んでいき、盛り上がりに欠ける。何を主張したかったのか見えない作品だ。特に歴史好きの男性はパスすべし。 (鑑賞日:2008年7月24日)

予告編

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/709-22216774

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。