Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/69-e8fa8cb8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

電車事故から考える事

あなたは人目のお客様です。

4/25に兵庫県尼崎市で起きた電車脱線事故(現在死者107人・負傷者460人)から、今日で1週間経った。数多くの情報が錯綜したこの件について、考えてみたい。
何と言っても、目立つのはJR西日本の不手際である。その中でも多くの批判を浴びたのが、社として発表した情報の虚偽だ。特に目立ったものを3つ挙げよう。

1.  オーバーランした距離は8m
→JR西は「車掌からの報告通り」に発表したものの、実際は40m(60、80m説あり)。確かに報告を偽ったのは車掌の責任だが、その報告を確かめもせずに公式発表した事は失敗だった。

2. 事故の発生原因は置き石
→線路から粉砕痕(電車が石を踏み潰した痕跡)が発見された事で、まずJR西が発表した事故原因。断定ではなく示唆ではあったが、「その可能性が高い」と自信ありげに説明した。しかし電車が通過する前に線路に石を置けた時間は、わずかに4分。また、線路を眺めていた付近住民が「誰も線路に立ち入らなかった」と証言した為に、原因である可能性は否定された。JR西が自分達の責任回避できる理由にすがりつこうとした印象は、否めない。

3. 電車が脱線するには、時速133km以上必要
→「電車はそこまでスピードが出ないので、速度に問題があったわけではない」と主張。だがこのシュミレーションは「乗客なし、天候の影響は無視」という現実にはありえない設定だった。後に専門家達の分析「時速120kmで脱線が可能。また急ブレーキなど他の要因が加わった場合は、更に低い数字でも起こりうる」と修正された。

非常にまずい対応、と言う他ない。「事故への対策をまるで考えていなかった」と感じられる対応である。記者会見を開き、報道陣の質問に答えようとする姿勢はいい。しかし、そこで話す情報に間違いが多かったので、かえって混乱をきたしてしまった。多くの人が怒り、呆れ果てるのも仕方のない事だろう。
しかしこの件は、JR西に怒りや悲しみをぶつけて済む話ではない。そうする事が許されるのは、事故の被害者及びその関係者だけだ。そうではない人々は、考えるべき事がある。悲惨な出来事だからこそ、努めて冷静にならなくてはいけない。

◇ 事故発生後の連携
事故で求められるのは「未然に防ぐ努力」と「発生後の適切な対応」である。前者についてはJR西の責任が大きいだろう。しかし、発生後については外部の協力が不可欠だ。今回の件で感じた大きな疑問。それは「調査はどこがやるのか」という事。JR西の発表内容を否定したのは、国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会(通称:事故調)。この事故調の存在で、やがてJR西は独自の事故説明をやめてしまった。それが本来あるべき形だったのだろうか。ならば、記者会見で事故原因に触れた事は間違いだったのか?
調べてみたが、そこがどうもわからない。現実的に、報道陣からせっつかれて何も話さない、というのは難しい気がするのだが…。また事故調はあくまで中立の立場で事故原因を分析するだけで、刑事責任を問えるのは警察である。となれば、警察がいかに早く現場調査に乗り出せるかが、ポイントなのかもしれない。
また被害者の救出を行った消防への連絡は迅速だったか。自治体の対応はどうだったか。恐らく携わった人達は皆力を尽くしただろうが、改善できる部分もあるはず。きっちり評価をして、今後につなげて欲しい。

◇ 報道の内容
今回の事故で、各報道機関とも精力的に取材を行った。特にテレビカメラが映した現場は事故の壮絶さを物語り、息を呑んだ視聴者は多かった事だろう。だが、報道されたものの中には、首をひねるものもあった。

・運転手の責任
現在は「JR西の過酷な労働環境がもたらした事故」という見方が強まっているが、事故発生直後は「運転士には前々から問題があった。やらかしてもおかしくはない」という論調が強かった。特に運転士の顔写真を掲載した夕刊フジ、また(GW前の合併号に速報をすべりこませるのが精一杯だった)週刊誌に、その傾向が強かった。確かに運転手の責任は大きいだろう。だが事故の原因が特定されていない状態で、やりすぎではないだろうか。報道の自由を主張する前に、モラルを考えて欲しい。

・遺族への質問
こういう事を言うのは、青臭いのだろう。だが、遺族に対して「今のお気持ちは?」とマイクを向ける事は、どれだけ重要なのだろうか。事故の悲惨さを訴える意味で、必要かもしれない。だが、わざわざ尋ねなくてはわからない事でもあるまい。テレビを観ていて嫌なのは、映される遺族がどのチャンネルも同じ、という事だ。涙ながらに悲しみを訴えたり、JR職員に怒りをぶつけたりする、そんな「映像的に目立つ人」しか放送していない。報道されるものが事実の一部でしかない事を、見る側は頭の片隅に入れておくべきだ。

◇ 一般市民の行動
事故発生現場近くの人達は、積極的に救出活動に参加したと聞いている。また、反対路線の電車が停車できたのは、誰かが踏み切りの非常ボタンを素早く押していたかららしい。いずれも果たすべき役割を理解した、立派な行動だ。
しかしその一方で、事故発生後JRのホームで駅員を突き飛ばしたり、すれ違い様に「人殺し」と呟く者がいる。抑えきれない想いがあるのかもしれない。しかし、その行動が何をもたらすか考えてみて欲しい。多くの駅員は事故を起こさないように努力し、真面目に仕事に励んでいる事だろう。事故が起きた後だけに、尚更強く意識しているはずだ。JR西が会社としてのシステムに大きな問題を抱えている事は、もはや明白である。それは即ち「社員が真面目に働いていても問題が起こりやすい」という事だ。これはすぐに改善されるものではない。大目に見ろ、とは言わないが、強くプレッシャーをかける必要は現時点ではない。今後どうなるかじっくり見極めるべきだ。
また線路への置き石が飛躍的に増え、中には現行犯で逮捕される者も出ている。こういう人間が社会にいる事は、恥としか言いいようがない。厳罰をもって対処すべきだろう。

◇ 安全に対する信頼
事故については海外のメディアでも大きく取り上げられたが、「日本ほど過密で正確に運行をする電車は、他の国にはない」という記事に頷かされた。確かにその通りだ。例えばPCや携帯で乗り換え案内サイトを利用する人は多いだろうが、それも時間通りに電車が動いているからこそ。だが、そうある為に多大の努力が払われているのも、また事実だ。

多くの人が疑問に思っているのは、「危険なのはJR西だけなのか」という事。事故から連日、日本各地でオーバーランが起きており、そのニュースがまた不安を駆り立てる。しかし、細かいものを含めればオーバーランは決して珍しくないだろう。今まで注目されていなかっただけの話だと思われる。私自身、(記憶しているだけでも)何回か目にしている。中にはひどいものもあった。

今から3年ほど前、JR中央線の下りが中野駅(東京)に着いた時だ。ホームの停車位置から5mほど過ぎて停まり、ドアが開いた。そして乗客が降りようとした時、電車がバックした。客はバランスを崩し、転ぶ者も多かった。その中に老婆がいて、怪我をしてしまった(車両が離れていたので、遠目に見た)。車掌が慌てて駆けつけたものの、5~10分は停車していたと思う。そして発車してからの車内アナウンスは一切なく、高速運転で急加速急ブレーキを行った。腹を立てた私は自分の降りる駅で駅員に抗議をし、説明を求めた。しかし、その駅員は事情をよくわかっていなかった。恐らく運転士ないし車掌が司令センターに報告する前で、情報が入っていなかったのだろう。今回の事故と相通じる点が見られる。

大都市圏の電車はどのダイヤグラムも過密であり、競合する路線も多い。事故が起こりうる地域は、何もJR福知山線だけではない。そしてJR西以外の鉄道会社は大丈夫、とも決して言えないだろう。
鉄道研究家は、今回の事故について「鉄道は100%安全な乗り物ではありません」とコメントしている。それを聞いて、私は先年の三菱自動車問題を思い出した。ある自動車評論家が「皆さんは車の安全性安全性とおっしゃいますが、壊れるものなんですよ。機械ですからね」と話していた。そう、機械はいつか壊れるし、人は必ず間違える。信頼できるサービスがあるのは素晴らしい事だが、リスクがある事を忘れてはいけない。信じていれば、危険と無縁で過ごせるわけではない。

----------------
鉄道事故史を振り返ってみると、事故が起きた後には必ず何かしらの対策が練られ、実行されている。今回にしてもそうだろう。こういう事故がなければ改善されないのは、本当に残念な事だ。だが、我々は経験から学ばなくてはいけない。亡くなった人達の為にも、そうする義務があるはずだ。
  論語 『過ちを改めざる、これを過ちという』

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー


■コメント
ハム
- 2005/05/03 2:36
この事故は・・・なんかほんまやるせない。尼崎はよくバレーやりに行ってたし・・使ってた体育館遺体収容するのに使われてるらしい・・・なんか記事とか見てるとほんま涙出そうになりますね。 確かに対応まずかったですね~もっときっちりしたことできへんのかな?って思うわ~みんな早く知りたいからプレッシャーはあったにせよ、ちゃんとしたこと分かってからのほうがみんな納得するのに・・・遺族の人の映像もほんま同じやつ流すよね・・・あれはつらすぎて見るのつらい・・・ 運転手さんの顔写真は必要あったんかな?本人亡くなってますよね?ちょっと考えものですね~

★尼崎にはよく行かれていたんですか。でしたら、色々考えてしまう事も多いでしょうね。力を合わせて事故に取り組める事ができればいいんですが…。おっしゃる通り、運転士は遺体で発見されました。(※ハムさんにコメントをいただいた後、大幅に加筆しました。もう1度読んでいただければ幸いです。)

3本橋のmaah - 2005/05/03 13:46
対向車両は『特急』で運転手が信号異常を感じ停車さしたと聞いたんだけど。確かに他の民鉄でもありうる話だけどJR西みたいに学研都市(片町)線⇔福知山線または山陽本線、東海道線⇔福知山線または山陽本線というややこしい区間はないからここはJR西独特な問題かなぁ。改めて合掌。

★おっしゃる通り、対向車両は運転手が信号異常に気づいて停車させました。ただ、なぜ信号が異常を示したかは幾つか説があるようで、そのうちの1つに「誰かが非常ボタンを押した」というものがありました。それで書いたんです。事故区間の特殊性は聞いています。どこの路線でも、事故は起きて欲しくないですね。

ラップトップ - 2005/05/03 22:09
この事故って、なんか「常識のズレ(又は無さ)」が会社(JR西)にも個人にも感じられて、どうにも遣る瀬無いですね。本当は皆分かっているハズのことが、見えなくなってしまったり、言えなくなってたりして。。。運転手の構成年齢も年長者と若手とにかなり差があったり、運転手の試験合格年齢が、他社(28才程度))と比べて、異常に若い(23.3才)とか、しかも沢山合格していたり。 JR西には、働き手を沢山確保して、早く動かす(働かせる)ことがバブル期にうまく採用出来ずに、開いた世代ギャップを埋めることだと勘違いしていたみたいに思えます。。。運転手の大量生産なんて、恐すぎです。。。

★常識のズレ(又は無さ)、ですか。確かにおっしゃる通りだと思います。まともに考えればわかりそうなんですけどね。ご指摘された運転手の構成年齢を見ても、主力となるべき中間層の少ない点が気にかかります。結果を考えて計画を立ててないですね。追加情報としてもたらされるのは、残念ながら悪いニュースばかりです。

Birigian - 2005/05/03 23:07
尼崎の事故は本当にニュース見てて痛ましく思いました。何が一番悪かったのか、と云う1つだけの問題では無いんでしょうね。「人はミスする生物だ」と云うのを前提に飛行機運転マニュアルが作られて居ると聞いた事が有ります。たくさんの人の命を預かるのだから、安全対策を充分に考えて欲しい。本当に二度とこんな事故が無いように、と願うばかりです。

★複合的な要素が絡み合っている問題なので、どれか1つの要因のみあげつらう事が良いとは言えないでしょう。ですから、1つ1つ調べて徹底的に検証する必要があります。安全対策の為には、機械の補助や人間の確認が必要です。それらを「経費がかかる」とか「面倒だから」という理由で取り入れてなかった…そんな気がしてならないです。

ナメラ商店街 - 2005/05/04 23:30
JR西日本にはホンマに常識に欠ける対応ばかりが目立ち、「企業として」以前に「人間として」どうなんだ!? と思います。 JR西日本を毎日利用していましたので、 2000回以上乗ってきた中でよく今まで何も起こらずに済んだなぁ…と。 乗っていたのは最高時速130/hの新快速だったので、福知山線のような脱線事故がもし起こったとしたらもっとひどい被害が出るでしょうね。夜遅い新快速に乗っていると、たま~に「やけにスピード出てるな」って時もありました…。

★「企業として以前に人間としてどうなんだ」 恐らく皆がそう考えているでしょうね。ナメラ商店街さんのようにかつてよく利用していた方はもちろん、今も毎日乗っている人達は不安を感じ続けています。心配しつつも乗らざるをえない、というのが辛いですよね。

あっちん - 2005/05/05 5:20
ニュースなどの報道の映像を観る度に、心が痛みます。特に、アタシと同じ年ぐらいで亡くなった方などの報道を観ると、まだまだやりたかった事とか沢山あったやろなぁーっと思い、ほんまにやるせない気持ちになります。そんな中で情報が増えるにつれて、JR西に憤りを感じています。ボーリング大会とかありえへんと思いました。今回の事故は確かに運転手の方も悪かったと思う。でも、JR西自体もかなり悪かったような気がします。(システム的に) 例えば、失敗した運転手などに対して、罰みたいな事はあってもフォローが無いという事。フォローが無ければ、意味が無い気がします。これを機に、JR西にちゃんとしてほしいです。そして、二度とこのような事故を起こさないでほしいです。

★同い年や自分より若い人が亡くなると、強く感じる部分があります…。この記事の原稿を書いていた時点で「事故列車に同乗していた運転士2人が、一切救助活動に参加せず出勤した事」「別区間でボウリング大会を行っていた事」の報道はされていませんでした。知っていたら、書く内容もまた変わったかもしれません。こういった情報はまだ出てくる可能性がありますね。問題の根は深いです。

いっせい - 2005/05/08 23:27
いや~ 今回は色々考えるよな。。。震災から10年目 あの地獄を思い出したよ・・・ でも今回の件色々おれは思うことがある。 まずJRの遊んでた(勉強会含む)人達 俺だったらどうしただろう???あれだけ大きな企業だし 管轄も違うし出社したからと言って何も出来ないしな~って考えたのかな?俺ももしかしたらそう考えたかも。。。 中止にして自宅待機(休み)にしたかもしれないが、出社はしなかった可能性もあるあもなって。。 それと今回の事件は俺にも責任があるんだなって、、、 ふだん 通勤で電車が止ったり、遅れるとイライラするし、酷い時は怒る事もある。。。そんなんが、今回の事件を生んだのかなと考えると、普段から余裕をもって行動したいなって、、、 ただ今回JRだけを責める報道 人には納得できないです。勿論 一番悪いのはJRっていう大前提があるけど、1人1人も責任の一旦があると考えてしまう。

★JR西の職員は約3万人いるそうで、今回槍玉に挙げられているのは200人足らず。6%だね。セクト意識が強い組織では、そのくらいの人数は出てくるかもしれない。個人の良識や常識がどれだけ頼りになるだろう。会社が指導する必要があるんじゃないか、と思う。企業のイメージを作るのは人だからね…。俺も電車が3分遅れたらイライラしてしまう1人だ。速さよりも安全が大切だって事を、日本で暮らす人間達は理解する必要があるだろう。JR西を責めるあまり、その事を忘れちゃいけない。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/69-e8fa8cb8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。