Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/685-dec466e2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

PS2【バイオハザード4】

あなたは人目のお客様です。

PS2【バイオハザード4】 メーカー:カプコン 公式サイト
 媒体:DVD-ROM ジャンル:サバイバルホラー
 発売日:2005年12月1日(ベスト盤:2006年8月24日)
 価格:7140円(ベスト盤:3990円)

  評価:75点

カプコンの人気シリーズ【バイオハザード】の1つ。この【4】は当初ゲームキューブで発売されたが、その後PS2、Wii、Windows版も発売された。
これまでの作品と大きく異なるのは、視点がビハインドビューになり、戦闘機会が増えたこと。相手はゾンビではなく、あることが原因でおかしくなってしまった村人などである。おまけに、話とアンブレラ社が関係していない。登場人物は2から踏襲しているが、シリーズものでなくても良かったような気が、しなくもない。

基本的にこの視点でプレイアクションがFPSのようになったことについて、個人的にはアリ。敵キャラから逃げ回るより、ドンパチやって殲滅した方が性に合っている。しかしながら、敵が結構強い。NORMALモードでも攻撃的で、すぐに私は諦めてしまった。EASYくらいがちょうど良い。だが、それでも弾薬の数が足りない。慎重に使っているつもりでも、なかなか厳しい。薬はこれほど要らなかったので、もっと弾薬が出てきて欲しかった(さすがにAMATUERだとアイテムが取れすぎるが)。

漫画「寄生獣」を連想させる敵武器の持ち替えがサブ画面じゃないとできないのは、不便だった。頻繁に持ち替えるというのに、これではストレスが溜まるばかり。もっと洗練されたシステムを望む。敵キャラは別にゾンビでなくても良いとは思う。思うのだが、岩明均の漫画【寄生獣】のキャラによく似た敵キャラが出てきた時には、若干引いた。形といい動きといい、パクリではないのか、これは。おまけになかなかしぶとい。閃光手榴弾で倒せるなんて、普通にプレイしていてもわからない。インクリボンなしでセーブできたり、死んでもコンティニューポイントからやり直せるのもいい。

謎の美女エイダ・ウォンムービー中のアクションボタンは、あまり好きではない。一息ついてのんびり観ようと思っていたら、なぜ殺されなくてはいけないのか。いきなり押せと言われても、初見だと難しいポイントもある。タイミングも割とシビア。
ストーリーは酷い。はっきり言って、どうしようもないレベル。大した謎があるわけでもなく、びっくりするほど底が浅い。ただ、エイダ絡みのところはなかなか良い。前回登場した【バイオハザード2】では、ハードがPSだった為にグラフィックが良くなかった。しかし改めて見ると、カッコいい女である。なぜにこんな格好で戦場に来ているのかわからないが。
ちなみにこの【バイオ・ハザード】、芸能界では鈴木史朗(元TBSアナウンサー)と加山雄三が得意なことで知られている(J-CASTニュース)。鈴木のプレイ動画は以下の通り。見事な腕前だ。


この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/685-dec466e2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。