Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/680-2c40ffff

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

EURO2008準決勝 ロシア対スペイン

あなたは人目のお客様です。

マルコス・セナ(左)とパブリュチェンコ ロシア対スペイン 0-3

雷鳴とどろき、雨の降りしきる中で行われた準決勝第2試合。序盤、ロシアは自陣に引いた形で守る。これまでの試合とは違う入り方である。それに対しビジャ、トーレスを中心に攻めるスペイン。相変わらず個人技重視だが、時折ロシアゴールも脅かす。一方のロシアは3トップの形を取っているが、前線の3人が前で広がりすぎていて、うまく連携が取れていない。もっと近い距離でボール交換をできるといいのだが。スペインはマルコス・セナのポジショニングとカバーリングが効いている。

途中交代のグイサ、得点後のパフォーマンス20分を過ぎた頃から、雨が激しくなる。ロシアも少し落ち着いてきた。30分、パブリュチェンコがシュートを放つも、カシージャスが指先で弾く。ゴール枠に入るか入らないか微妙なコースだったが、さすがのセービングというべきか。
34分、スペインにアクシンデント発生。ビジャOUTセスクIN。ビジャは、その少し前にFKを蹴った後で足を痛めていた。今大会好調で、グループリーグのロシア戦ではハットトリックを決めたFWの交代。チームにとっては痛い。しかし、セスクの投入で良い変化も生まれる。縦パスの巧い彼の存在で、前線の動きが活発化してきた。後方からの飛び出しも増える。
ロシアは、これまでの試合で見られたような伸び伸びさが消えている。これも準決勝の重圧なのか。エースのアルシャーヴィンは思うようなプレーができない。そして0-0のまま、ハーフタイムへ。
余談だが、WOWOWでこの試合の実況は柄沢晃弘、解説:信藤健仁。最も安定しているコンビで、聞きやすい。ゲスト解説で日本代表監督・岡田武史が来ているが、そちらはどうでもよい。

ダビド・シルバが駄目押しの3点目ゲームは後半へ。このままではいけないと思ったのか、ロシアの動きに積極さが見られるようになる。プレスへの姿勢も前向きだ。だが、先制点を挙げたのはスペイン。
50分、左サイドに出たイニエスタから中央のシャビへボールが飛び、ダイレクトで叩き込んだ。バルセロナの2人による見事な連携。他の選手もスペースを空けるなど、いい働きをした。この1点が余裕を生んだのか、それからのスペインはロシアの攻撃をいなす。非常に安定した試合運び。

70分、スペインが選手を2人同時に変える。シャビOUTシャビ・アロンソIN。F・トーレスOUTグイサIN。シャビは先制ゴールをあげ、トーレスは何度かロシアゴールに迫っていた。試合時間がまだまだある中で交代枠を使い切ったことに、不安がよぎる。まだ1点差だし、怪我人が出たら大変である。だが、この交代が大当たり。
プジョルを中心とした守備は堅かった72分、グイサが絶妙な飛び出しを見せ、セスクからのおしゃれなパスを得点。ピッチに出て間もない時間で結果を出した。今季リーガ・エスパニョーラ得点王は伊達ではないか。ロシアは反撃を試みるも、キープレイヤーであるパブリュチェンコ、アルシャーヴィンの2人が完全に封じ込まれている。マルコス・セナ、プジョル、マルチェナのトライアングルが、いつになく安定している。

とどめは82分。左サイドを抜け出したセスクが、中央のシルバにラストパス。完璧とも言える精度のグラウンダーだった。シルバが落ち着いて決め、3-0。そのままスコアは動かず、タイムアップ。スペインにとっては、今大会のベストゲームだろう(特に後半は)。4-1で勝った試合より、はるかに充実した内容で決勝への階段を登った。

仕事をさせてもらえなかったアルシャーヴィン敗れたロシアは、これまでの試合を考えると残念な内容だった。監督のヒディンクにも、いつもの激しさが見られない。オランダ戦に快勝して、あるいは満足してしまったのだろうか。一方のスペインは強敵イタリアをくだし、ベスト8の壁を突破したことでチームがまとまったようだ。テレビで見ていても、ベンチの雰囲気がとても良い。
これで決勝のカードは決まった。12年ぶりの優勝を果たし、栄光の歴史に1ページを加えたいドイツ。一方44年ぶりの栄冠を掴み、一流国の仲間入りを果たしたいスペイン。EURO2008の最後を飾るこの試合、良いゲームを期待したい。 公式HPのレポート 中田徹:限界を露呈したヒディンク・ロシア

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/680-2c40ffff

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。