Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/677-438757db

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【HERO】

あなたは人目のお客様です。

映画【HERO】 製作国:日本 上映時間:130分
 製作年:2007年 劇場公開:2007年9月8日
 興行収入:81.5億円(2007年邦画1位)
 監督:鈴木雅之
 ◇出演
 木村拓哉 久利生公平
 松たか子 雨宮舞子
 大塚寧々 中村美鈴
 阿部寛 芝山 貢
 勝村政信 江上達夫

  評価:50点


■あらすじ
東京地検・城西支部に戻ってきた久利生公平はある日、容疑者が既にその犯行を認めている傷害致死事件を任される。しかし、初公判で一転、被告は犯行を全面否認し無罪を主張するという事態に。しかもこの一件を担当する被告側の代理人は、刑事事件無罪獲得数日本一の弁護士・蒲生一臣だった。

--------------------------------
城西支部の面々フジテレビで2001年に放送された連続ドラマ、2006年の単発ドラマの続編に当たる作品。それらを観てきた人ないと、恐らく楽しめない作品。チョイ役に数多くの有名人を起用するなど、キャスティングの豪華さは映画ならではか。

<以下ネタバレ含む>
とにかくツッコミどころ満載の映画である。警察の協力を得ずに、検察だけで捜査を行うところは相変わらず。それはいいとして、韓国での捜査が必要となると、すぐ現地に飛んでいく姿に呆れる。なぜにもっと現地の協力を得ようとしないのか。登場するイ・ビョンホンは男前だが、話の中での重要度は低い。あと、雨宮の韓国語メモの内容はわざとらしい。

タモリが登場する場面はかなりガッカリである。散々もったいぶってきた大物代議士がこの姿とは…。法廷におけるサングラス姿に無理がある。当人は真剣にやっているのだろうが、真剣な演技が似合わない。そして、松本幸四郎演じる蒲生は、全く腕利きの弁護人ではない。ピンチになった時に、検察の主張をすんなりと受け入れてどうする。法廷バトルになってない。

あと、あざとい演出が目に付く。傍聴席が婚約者を除いて全てマスコミ。被害者の関係者が1人しかいないのか。そして、野次馬835人分の携帯電話の画像を確認した城西支部の面々。頑張りすぎだろう。法廷のドアを堂々と開けて入ってくるとは、警備は何をしているのか。やたらと映し出される正義の女神も邪魔。そんなに何度も出てくると、いい加減飽きてくる。

「事件に大きいも小さいもない。自分は目の前の事件に全力で取り組むだけ」という久利生の姿勢には好感が持てるし、彼を支える人々の奮闘振りも良い。しかしながら、過剰な演出の方が印象に残る作品である。 (鑑賞日:2008年6月24日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/677-438757db

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。