Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/645-ccedaf23

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

07-08 UEFA CL決勝

あなたは人目のお客様です。

C・ロナウドのヘディングでマンUが先制プレミアリーグ同士の対決となった決勝戦。下馬評ではマンU有利の声がやや多かったが、接戦となった。序盤は硬さが見られた両チームだったが、前半20分を超えたあたりからエンジンの回転があがりはじめる。そして26分に右サイド・ブラウンからのセンタリングをC・ロナウドがヘディングで得点をしてから、一気にヒートアップ。しかし押していたのはマンU。このまま1-0で前半が終わるかと思いきや、終了間際に中央からエッシェンがシュートを放ち、ボールがこぼれてきたところをランパードがゴールへと突き刺した。同点のままハーフタイム。

キープレーヤーとなったのはマンUではスコールズ。中央付近でボールを貰うと、左右にうまく散らしてゲームをコントロールした。一方のチェルシーはエッシェン。失点の際はC・ロナウドにマークを外されたり、ドリブルで抜かれたり、守備面では良いところがなかった。しかし攻撃参加した時に怖さがあり、良くも悪くも目立った格好。

後半ペースを握ったのはチェルシー。マンUゴール前に押し寄せてシュートを放つも、枠内に飛ぶものが少ない。ボールがポストをたたく不運な場面もあった。時間が経つにつれてマンU選手の足がとまりはじめる。それでも失点をすることなく、延長戦へ。お互い力を尽くしての戦いは、一歩も譲るところのない展開。互いに惜しいチャンスはあったが、ネットを揺らすことができない。延長11分にドログバが退場になるも、スコアは動かずにPK戦へ。

PK戦を制し、抱き合うマンUイレブン両チーム共に決めていく中、マンUは3人目のC・ロナウドが外す。4-3で迎えた5人目。チェルシーのジョン・テリーは蹴る瞬間に足を滑らせ、ボールは右ポストを叩いた。サドンデスへ。7人目にギグスが決め、アネルカのシュートをファン・デル・サールが弾いて勝負あり。マンUは9年ぶりの欧州制覇。プレミアリーグと共に2冠を制した。得点王はC・ロナウド。今年のFIFA最優秀選手、バロンドールは間違いないだろう。 試合結果 UEFA.comのレポート

全体的に見ればチェルシーのゲームだったと思う。しかしあと一歩のところで、その手から勝利はこぼれ落ちてしまった。試合後に泣き崩れるテリーは気の毒だった。今季よく戦ったチェルシーだが、結局は無冠に終わってしまった。サッカーの神様は残酷である。監督交代や選手流出が噂される中、チェルシーが再び決勝に進めるのはいつになるだろう。

チェルシーにとって誤算だったのは、ドログバの不調か。好不調がハッキリしている彼は、この試合では良くなかった。ファーディナンドとヴィディッチのセンターバックコンビに押さえ込まれていた。ただ、この2人相手にポストプレイをするのは容易ではない。ドログバは以前からアネルカとの2トップを希望していたが、シーズン中にそのスタイルが確立されることはなかった。
マンUで意外だったのはパク・チソンが出場しなかったこと。最近の試合を見る限りでは、サイドーハーフとして先発が濃厚と思われた。前日練習でもよく動いていたという。しかしスタメンに名を連ねたのはハーグリーブスで、パク・チソンはベンチ入りもしなかった。「怪我ではなく戦術的な理由」という話だが、彼のプレーに期待していただけに残念である。

ファーディナンドとギグスがビッグイヤーを掲げるまた、ピッチの状態にもガッカリした。普段は人工芝が敷かれているのを天然芝に張り替えたのだが、足を滑らせる選手が続出(激しく降った雨については、仕方ないが)。足をつる選手も目立ち、かなり負担になっていた様子。UEFAはちゃんとした舞台を用意してもらいたい。 ちなみに2009年UCL決勝戦の舞台は、ローマのスタディオ・オリンピコ(ローマとラツィオの本拠地)。あそこなら問題なさそう。

主審を務めたルボシュ・ミヘル(スロバキア)と、副審のロマン・スリスコ、マルティン・バルコは良い仕事をした。プレーを見る位置が的確で、激しい試合をコントロールしていたと思う。ミスジャッジもあったが、決定的な失敗はなかった。ルボシュ・ミヘルは先日40歳になったばかりということで、今後の活躍にも期待したい。

これでほぼ終わった07-08シーズン。6月にはEURO2008があり、来季は南アフリカ2010の欧州予選も始まる。選手の怪我や移籍などで、クラブの力関係にも変動があるだろう。プレミアリーグの時代は続くのか、それとも他国の逆襲があるのか。ひとまずは終幕である。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/645-ccedaf23

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。