Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/627-523fd5a2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【あずみ2 Death or Love】

あなたは人目のお客様です。

映画【あずみ2 Death or Love】 製作国:日本 上映時間:112分
 劇場公開:2005年3月12日
 監督:金子修介
 ◇出演
  上戸彩 あずみ
  石垣佑磨 ながら
  栗山千明 こずえ
  小栗旬 銀角/なち
  遠藤憲一 金角
  北村一輝 井上勘兵衛

  評価:40点


■あらすじ
徳川と豊臣の戦いもいよいよ終盤を迎えていた戦国時代末期。少女あずみは徳川の刺客となり、これまでの過酷な修行と激しい攻防の末に唯一生き残った仲間・ながらと共に最後の標的・真田昌幸を追っていた。そんなある日、敵の追っ手に狙われた彼女は夜盗軍団のひとり・銀角に救われる。しかも彼は、初恋の青年・なちと瓜二つだった。

-----------------------------------
2003年に公開された【あずみ】に続く、第2弾。前作はまぁまぁ楽しめる作品だったが、今回は酷い出来だった。

あずみと銀閣(右)第1弾では「まだあどけなさの残る少年少女の刺客と、彼らを取り巻く大人」という構図が成り立っていた。若手俳優の演技に拙い部分もあったが、原田芳雄やオダギリジョー、遠藤憲一、北村一輝といった大人の役者たちがしっかりと脇を固めていたのである。それが今回は若手ばかりで、作品に全然締りが無い。作品中、刺客という生業が持つ緊張感に欠けている。主役の上戸彩は体を張って頑張っているのだろうが、前作のような必死さが伝わってこない。

また、配役に疑問を感じる点は少なくない。遠藤憲一と小栗旬が兄弟という設定には、相当無理がある。もう少し年の近い俳優にすれば良かったろうに。高島礼子も残念だ。中盤まではいいのだが、後半くのいちの衣装をを着ているところはいただけなかった。喋り方も急に【極道の妻たち】っぽくなり、興ざめ。シナリオの割に上映時間が長く、それでいて得られるものは少ない。避けた方が無難な一本。 (鑑賞日:2008年4月23日)

予告編(オランダ語字幕)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/627-523fd5a2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。