Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/624-abe255d9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

07-08UEFA CL 準々決勝2ndレグ

あなたは人目のお客様です。

CL決勝トーナメント準々決勝1stレグについてのレビュー。 関連記事:決勝トーナメント1回戦

ローマ(イタリア)0-2マンチェスター・U(イングランド) 試合詳細

個人的に最も注目していたカード。昨季も準々決勝で顔を合わせ、ローマは一方的に打ちのめされた。しかし今年は違う。1回戦でレアル・マドリーを倒したようなサッカーができれば、いい勝負ができるはず。…と思っていたが、結果的にはマンUの圧勝だった。
ローマにとって大きかったのは、トッティとペッロッタの欠場である。攻撃の中軸である2人のいなかったローマには、怖さがなかった。何をすべきかわかっていたのは、ヴチニッチくらい。出場していた他の選手達にはガッカリした。マンシーニ。どうも切れが無い。仲の悪いトッティがいないのだから、もっと伸び伸びやってチームを引っ張ればいいのに、情けない。セレソン復帰を望んでいるようだが、そんなプレーをしているうちは呼ばれないだろう。
アクィラーニ。普段より前めのポジションでやりにくかったかもしれないが、攻撃への積極性に欠ける。ポジショニングも悪い。レアル・マドリー戦では目の覚めるようなロングシュートを放っていたが、それだけではダメだ。今のところ「才能を感じさせる選手」でしかないことを、自覚すべきだ。デ・ロッシもまた然り。既にセンターハーフとしては世界トップクラスになりつつあるが、もっと牽引する姿勢が必要だ。トッティの後にローマをまとめるのは俺だ、という意気込みが欲しい。

一方のマンU。1回戦のリヨン戦では相手に合わせすぎている印象を受けたが、今回は充実していた。良かったのは守備だ。ディフェンスラインを深めにとり、更にその前に間隔をあけずに中盤の選手を並べる。ボールを奪ったら、速攻を仕掛ける。「イタリアのクラブよりイタリアらしいサッカー」と現地メディアに言わしめるプレーだった。これはゼロトップのローマに対して、非常に有効な戦術だ。こういうことができるからこそ、プレミアリーグで最小失点(32試合で失点15)を記録できるのだろう。
テベスを先発から外しているのも、この守備に理由がありそうだ。ルーニー、C・ロナウド、テベスの3人が出ている時の攻撃は魅力的で、得点力もある。しかし3人にぴったりマークがつくと、それで攻撃が手詰まりになってしまうケースがシーズン中に何回か見られた。ルーニーは攻撃の展開力があるし、今季絶好調のC・ロナウドは外せない。となると、外すのはテベスということになる。彼の代わりに運動量の多い中盤の選手を配置すれば守備力が強化され、結果的に攻撃の時間は増える。そして途中交代でテベスを投入すれば、相手に対して切り札となりうる。負けられない試合が続くシーズン終盤、このスタイルがうまくいっているようだ。
マンUを観ていて感心するのは、選手達が全力で走ることだ。アンデルソンやパク・チソンにはテクニックをさほど感じないが、あの運動量は効果的。そしてスピードは落ちたものの、攻撃的センスのあるスコールズやギッグスといったベテランがチームを支える。今のバランスはとてもいい。不安要素としては、ビディッチが負傷退場して戦列から離れたこと。またハーグリーブスが干されているようだが、どうやらこのローマ遠征の集合時間に遅刻してきたようだ。また、彼のスタイルでは今の戦術に合わないだろう。これからフィットできるだろうか。
この試合では、パク・チソンはアシストを決めた。去年は膝の怪我で長い間苦しんでいたが、こうして元気にプレーしている姿を見られるのは、嬉しいことだ。京都でプレーしていた彼がここまでやるとは、想像していなかった。レギュラーではないものの、リーグやチームのレベルを考えると「欧州でプレーするアジア人選手で最も活躍している」と言えるかもしれない。

2ndレグで、ローマが逆転する可能性は非常に低い。マンUが準決勝に進むだろう。現時点でCL優勝候補の1番手と言っていい。

シャルケ04(ドイツ)0-1バルセロナ(スペイン) 試合詳細

レベルの低い試合だった。バルセロナが先制点を奪った場面、アンリの判断とボージャンのシュートは良かった。しかし、ノイアーの弾き方が悪かったのも確かだ。シャルケのチャンスは多かったが、いずれもゴールに結び付けられなかった。バルデスの好守もあったが、それよりシュートが下手なのである。もう少しまともなチームであれば、2-1ないし1-1が妥当な結果だったろう。

それにしても、バルセロナの内容が良くない。DFからFWまで間延びしていて、うまくボールがつながっていない。運動量も少ないし、互いにサポートする動きもない。こんなサッカーをしているようでは、リーガ・エスパニョーラで勝てないのも当然だろう。組み合わせに恵まれてここまでこられたし、このまま準決勝に進むこともできそうだ。しかし、次に当たる(であろう)マンU相手には到底勝てないだろう。また、負けるべきだと思う。こういうチームは、さっさとCLから敗退してもらいたい。そして、チームを立て直して良い状態になってから、また優勝争いをしてもらいたい。今のところクラブはライカールト監督続投を掲げているが、彼が再びチームを強くするのは難しいのではないか。

アーセナル(イングランド)1-1リバプール(イングランド) 試合詳細

プレミアリーグ同士の対決。下り調子のアーセナルと、上り調子のリバプール。結果は1対1の同点に終わった。内容的にはアーセナルの方が上だったと思うが、こういう試合で勝ちきれないあたりがアーセナルの限界なのだろう。今季中盤は素晴らしいサッカーで楽しませてくれたが、プレミアもCLも恐らく優勝できないだろう。タイトルを手にするにはまだチームが成熟していないし、選手層も薄い。エドゥアルドが負傷しておらず、ファン・ペルシーの調子が戻っていて、ロシツキーが復帰していれば可能性はあったろう。しかし、それでもDFに人が足りていないし、チームを引っ張る存在も見当たらない。まだ多くの選手が若いだけに、このまま成熟させていって欲しいと思うが、フレブやフラミニについて移籍の噂もある。なかなか難しいかもしれない。ベントナーはプレミアリーグでたまにゴールを決めているが、シュートが下手なので私は好きではない。この試合では味方のシュートを相手ゴールラインでクリアしてしまった。彼ではなくトテナムからベルバトフが来れば、チームにフィットすると思うのだが。

リバプールについて、アシストを決めたジェラードはさすがだった。点を決めたカイトも天晴れ。彼は点を決めるし、サイドをこなすし、守備にも頑張る良い選手だ。オランダ代表監督のファン・バステンからは認められていないが、それでいいのかファン・バステン。PKを与えても仕方なかった守備は、いただけない。だが、それを見逃した審判はもっと悪い。オランダ人のピーテル・フィンク。目の前で見ていて、そのジャッジはないだろう。あとベントナーが味方シュートをクリアした際に、オフサイドフラッグが上がっていた。DFが1人ゴール内に入っていたのだから、それはオンサイドだ。もっとまともなジャッジをしてもらいたい。

フェネルバフチェ(トルコ)2-1チェルシー(イングランド) 試合詳細

戦前の予想では、チェルシーが圧倒的に有利。そして、前半相手のオウンゴールによってラッキーな形で先制し、ゲームを支配した。この先何点入るのだろう、と思わせる展開だった。だが、後半に入ってフェネルは目を覚ます。戦術変更、選手起用がピタリとはまって同点そして逆転。選手の頑張りもさることながら、ジーコ恐るべし。「その采配をなぜ2006年ドイツW杯で出来なかったのか」と思う日本人は少なくないが、過ぎたことをあれこれ言っても仕方ない。クラブ監督として、彼が成長したのは確かだろう。

気になるのはチェルシーの負け方。後半は本当にろくでもない内容だった。適当なプレーをしたマルーダには怒りを覚えた。サッカーを舐めているのか、この野郎。ドログバはゴール前なら仕事できる選手だが、今の彼にはそれ以上期待できない。動きのキレは以前より鈍っている。また、ランパードの出来が良くない。「この程度の選手だったか?」と首をひねるようなパフォーマンスだった。以前はポジションの近いジェラードとよく比較されたが、相当差が開いているように見える。この程度の選手をバルセロナが欲しいのだろうか。復活を期待したい。
2ndレグは、チェルシーが圧倒的に強いスタンフォード・ブリッジ。チームを立て直してくるとは思うが、フェネルを侮っているとやられるかもしれない。フェネルの健闘に期待したい。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/624-abe255d9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。