Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/615-b172e441

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1045]

私も見ましたよ、この映画。
女の子が変わっていく様子がおもしろかったです。
ちなみに私もイメチェン中。
今度会うときはびっくりされるかもしれません♪

この映画のスタッフが最近新しい映画を作ったようで、
それも見てきました。日本ではこれから公開だそうです。
"27dresses" ← 英語のタイトル
英語音声ブル語字幕なので
30%ぐらいしか理解できなかったんですが
それでも、結構楽しめました。
興味があったら、見てみてください。
  • 2008-04-22
  • あん
  • URL
  • 編集

[C1046] あんさん

おお、あんさんも観たかい。女の子が好きそうな作品、
という気はするね。

『27 Dresses 』か。「あのヒット作のスタッフが再び
作った…」という触れ込みの作品は、大抵前作より
劣るものだけど、面白かったかい。気に留めておくよ。

イメチェンしたあんに会えることを楽しみにしているよ。
どうなっているんだろうね。
  • 2008-04-23
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【プラダを着た悪魔】

あなたは人目のお客様です。

映画【プラダを着た悪魔】 THE DEVIL WEARS PRADA
 製作国:アメリカ 上映時間:110分
 製作年:2006年 日本公開:2006年11月18日
 興行収入:17.0億円
 監督:デヴィッド・フランケル
 ◇出演
  メリル・ストリープ ミランダ・プリーストリー
  アン・ハサウェイ アンドレア・サックス
  エミリー・ブラント エミリー
  スタンリー・トゥッチ ナイジェル
  エイドリアン・グレニアー ネイト

   評価:80点

■あらすじ
スタンフォード大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークへとやって来たアンディ。彼女がが就いた職業は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。ミランダは絶大な影響力を持ち、誰もが恐れるファッション界のカリスマ。しかしオシャレにとことん疎いアンディは、その存在を全く知らなかった。職場では同僚にバカにされ、ミランダからは理不尽な命令を浴びせられる日々。くじけそうになるアンディだったが…。

---------------------
編集長のミランダ(左)とアシスタントのアンディ原作は同名の小説。2003年4月に、20代の新人女性作家ローレン・ワイズバーガーが発表した。作者はヴォーグ誌の女性編集長のアシスタントをつとめた経験を持ち、その実体験が多分に反映されていると思われる内容だった。本は同世代の女性たちの間で評判を呼び、ニューヨーク・タイムズ誌のベストセラー・リストに6カ月間ランク・イン。その後世界27ヶ国国語に翻訳され、何百万人もの女性たちの熱い支持を集めた。…らしい。この映画が公開されるまで、全く知らなかったが。

私がおしゃれやファッションに疎い人間なので理解できるか心配だったが、これが結構面白かった。「新卒の新入社員の奮闘記」と解釈すれば、男性でも楽しめるだろう。話の展開はわかりやすく、テンポも悪くない。
仕事で駆けずり回るアンディこの映画の見所は、アンディの変化。ジャーナリスト志望の彼女は真面目で勉強もできるのだが、身なりには無頓着。冒頭に登場する彼女は、確かにダサい。その彼女が意識を変えておしゃれに取り組むと、本当に素敵な女性になる。演じたアン・ハサウェイの映画を観るのはこれが初めてだったが、大きな口と笑顔が魅力的な女優だ。
そして強烈な存在感を放っているのが、編集長のミランダ。「女帝」というべきキャラを、メリル・ストリープがバッチリ演じている。こういう上司の下で仕事をするのは、本当に大変だと思う。
いい味を出しているのが、ファッション・ディレクターのナイジェル。彼がいることでミランダの仕事は助かり、アンディは仕事を辞めずに済む。

<以下ネタバレ含む>
細かい設定で不満はある。そもそもアンディのようなキャラが、「同じマスコミ業界だから」という理由で、ファッション誌を選ぶのか、という話。あとパリで携帯電話を泉に放り込むシーンだが、いくら辞めたくなったからといって、職場放棄はダメだろう。映画の演出とはいえ、社会人としてそれは絶対にやってはいけないことだ。

ファッションディレクターのナイジェル(左)とミランダミランダについて。彼女の年齢と比して、子供の年齢が小さすぎる。もうちょっと大きい方が自然だろう。また彼女の人間的に弱い部分の描写が多すぎると感じた。もっと抑えた方が、最後に交わす笑顔が生きる。あと、男性陣。アンディに言い寄るクリスチャン・トンプソン(サイモン・ベイカー)はまぁいいとして、彼氏のネイト(エイドリアン・グレニアー)が、あまりパッとしないのだ。もっと青臭い感じのする二枚目がいたら、作品はより引き締まったと思う。とはいえ、こういう「ガンバレ女の子!」的な映画を観る機会が少ないので、なかなか新鮮だった。 (鑑賞日:2008年2月25日)

予告編
この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/615-b172e441

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1045]

私も見ましたよ、この映画。
女の子が変わっていく様子がおもしろかったです。
ちなみに私もイメチェン中。
今度会うときはびっくりされるかもしれません♪

この映画のスタッフが最近新しい映画を作ったようで、
それも見てきました。日本ではこれから公開だそうです。
"27dresses" ← 英語のタイトル
英語音声ブル語字幕なので
30%ぐらいしか理解できなかったんですが
それでも、結構楽しめました。
興味があったら、見てみてください。
  • 2008-04-22
  • あん
  • URL
  • 編集

[C1046] あんさん

おお、あんさんも観たかい。女の子が好きそうな作品、
という気はするね。

『27 Dresses 』か。「あのヒット作のスタッフが再び
作った…」という触れ込みの作品は、大抵前作より
劣るものだけど、面白かったかい。気に留めておくよ。

イメチェンしたあんに会えることを楽しみにしているよ。
どうなっているんだろうね。
  • 2008-04-23
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。