Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/592-f52a5747

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【パプリカ】

あなたは人目のお客様です。

映画【パプリカ】 製作国:日本 上映時間:90分
 劇場公開:2006年11月25日
 監督:今敏
 ◇声の出演
  林原めぐみ パプリカ/千葉敦子
  古谷徹 時田浩作
  江守徹 乾精次郎
  堀勝之祐 島寅太郎
  大塚明夫 粉川利美
  山寺宏一 小山内守雄

  評価:70点


■あらすじ
精神医療研究所で働くサイコ・セラピストの千葉敦子。彼女は、所長からの依頼で極秘の治療を行っていた。それはDCミニという機器を使ってクライアントの夢の中に入り込むこと。夢の中で彼女はパプリカという少女になり、全く別の人格を持つ。そしてクライアントはパプリカと行動することにより、問題の解決法を見出していく。そんなある日、DCミニが何者かに盗まれてしまう。

------------------------------
パプリカと千葉敦子今敏が【東京ゴッドファーザーズ】の次に手がけた作品。原作は筒井康隆の同名小説。心理学と夢の結びつきは深く、「夢に入って治療」とは良いところに目をつけた。画は美しく、伏線の張り方もなかなか巧み。メインの役どころはベテラン声優が務めていて、安定感がある。林原めぐみや大塚明夫はキャラに合っていた(巨漢を演じた古谷徹はミスキャストだと思うが)。上映時間もちょうどいい。

よくできた作品ではある。しかし、「面白い」という印象はあまりない。登場人物が少なく、ストーリー展開が読みやすいせいだろうか。観終えた後での満足度はそれほど高くなかった。 (鑑賞日:2008年1月15日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/592-f52a5747

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。