Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/586-fef64009

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

米澤穂信【インシテミル】

あなたは人目のお客様です。

米澤穂信【インシテミル】 単行本:448頁 出版社:文藝春秋
 価格:1680円 初版:2007年8月

 2007年 週刊文春ミステリーベスト10 第7位
 2008年 宝島社「このミステリーがすごい!」第10位
 2008年 本格ミステリ・ベスト10 第4位

  評価:85点

■あらすじ
ある夏の日、大学生の結城理久彦(ゆうき りくひこ)はコンビニにいた。彼は車が欲しかった。しかし、買う為の金がない。バイト情報誌を立ち読みしていると、「実験モニター 時給11万2千円」という求人を見つける。この金額は誤植ではないか、そんな疑問を持ちつつも彼は応募してみることにした。

--------------------------------
集められたモニターは全部で12人。彼らは暗鬼館という地下スペースで7日間生活し、その様子は常にモニタリングされる。そのかわり時給は24時間支払われ、トータルで1800万円以上支払われる計算である。しかし、うまい話には裏がある。実験とは、(大方の想像通り)殺人にほかならない。ある意味、お約束の展開である。

米澤穂信の作品を読むのはこれが初めてだったが、軽妙な文章で読みやすかった。重苦しさや暗さもなく、リラックスして読める。本格的なミステリーなので、謎解きをしながら進めていくのもいいだろう。登場人物が多いので、メモは必要。私の場合、なんとなく読んでいて謎の半分しかわからなかった。

犯行の動機が弱く、結末がやや見え透いている点はマイナス。しかしながら、総合的には良作といっていい出来だ。ミステリーファンならニヤリと思わせる情報もあり、幅広い層に薦められる作品。 (読了日:2008年1月13日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/586-fef64009

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。