Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/573-78f8c15e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

国語教師の言葉

あなたは人目のお客様です。

1つの目標に向かって自分を鍛える時は、苦しいが幸福な時間でもある。与えられた環境で最善を尽くすことは、現実に対応しながらも理想を実現しようとする者にとって、何よりの訓練となる。この空間で得たものがそれぞれの中で熟成し、消滅してゆくにつれ、わからなかったことがわかるようになり、大切なものがひとつひとつ見えてくるようになるだろう。点数の世界を超えた自分にとっての命題である。

自分の理想を心に描くことの出来ない者や、借りものの感性で物事を見て、そこに自分を適応させてしまう人間は、社会が変わり、時代が変わり、幸せの尺度が変わっていくごとに、一切の自分を否定し、創り変えなければならないという悲劇に見舞われる。絶対的な幸福などというものを追いかけ、人生を費やすことは徒労である。他人と出会い、別れていくことを繰り返すうちに、初めて自分らしさに気づく。そして、自分にはどうにもできないことがいくつもあることにも気がついてくる。

夢を持ち、語ることはたやすい。しかし夢を持ち続けること、語り続けることは難しい。さらに、夢をかなえるために努力することは、もっと難しい。困難なことをやりとげた人の笑顔は爽やかである。そういう人は周りの人間をも爽やかにし、勇気づける。そして、あとに続く子供たちに憧れを与える。

自分の活力を枯渇させてしまった人間は、世の中に流されて生きてゆく。それを意識しないで流れていく者には、なりたくない。現状より未来が良くなると信じて生きるには、世界は病んでいる。だが、自分の可能性を信じたいのと同様、人間の可能性も信じて生きたい。

享楽のためだけに、生活を使いたくない。楽しみの価値観は1つではない。幸せの基準も様々でいい。人を羨んだり、嫉妬したり、軽蔑したりするよりは、「自分がどう生きれば幸せになれるのか」を求め続けることのほうが明るい。人の助けを借りることは、信頼がなければ出来ないことである。しかし、信じていない者の助けを借りることは、その場しのぎになったとしても、本当の自分を創る道具にはならない。稚拙でも貧弱でも自分の道具を創ることを怠らず、工夫や洗練を重ねていくことが貴(とうと)い。

「学ぶことは模倣から始まる」というのは、よその道具をそのまま借りてくることではない。自分なりの道具を創る方法を借りてくることである。自分の足で動き、手で触れ、目で見て、心で感じることが大切なのだ。自分の感覚器を鍛えることは、楽しみを見つけるための用意といっていい。見られることよりも、見ることを大切にしたい。

遥か遠くを見る目と、自分の踏みしめている今を見る目をもって、いつか叶えたい夢を持ちながら、毎日の生活のひときれを味わいながら歩いていきたい。様々な人に支えられ、たくさんの友達に囲まれて、自分を見失わずに一歩ずつ。そして自分を求めてくれる人のところへ行って、静かに語り合いたい。高邁(こうまい)な精神は常に高まろうとする。最後の一瞬まで高まり続けよ。

-----------------------------------
中学時代に通っていた塾で、ある国語教師と知り合った。眼鏡をかけた男性で、当時24くらい。本業は大学院生だった。直接私のクラスを担当していたわけではなく、何か質問をしに教官室を訪れた時から言葉を交わすようになった。受験勉強のみならず、日本語の魅力について語っていた。他の教師とは、一味違う印象を受けた。

私の在塾中に、彼は仕事を辞めた。人づてに聞いた話では、思うところあってアルゼンチンに渡ったという。塾を去る前に、生徒へ1枚のプリントを残していった。そこに記されていたのが、青文字で書いた文章である。読んで気に入ったので、ずっと保管していた。先日の引越しの際に久しぶりに目にし、懐かしい気分になった。で、今回それを書き写してみた次第。

一部わかりにく表現は手直ししてあるが、90%は原文そのままである。改めて精読してみると、なかなか立派な内容だと思う。多少青臭さは感じるものの、20代半ばでこういうことを書けるのは大したものだ。「高邁」なんていう表現は、普段なかなか使わない。彼がその後どうなったのか知らないが、どこかの空の下で元気に暮らしていて欲しいものだ。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/573-78f8c15e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。