Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/572-b95d6d03

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1023]

この年のスティーブン・ソダーバーク監督は、絶好調でしたね。これと「トラフィック」で同時にアカデミー賞監督賞にノミネートされて・・。
なかなか「演技派」としての評価が確立しない(いつまで経ってもプリティーウーマンみたいな・・^^;)ジュリア・ロバーツの女優としての価値も一気に上がった作品だと思います。
娯楽と社会派のバランスという面では誰が見ても楽しめる映画でしたね☆ 自分はトラフィックの大ファンですが、こっちも好きです。

ちなみに元カンザス在住としては、「元ミスウィチタ」(カンザスで一番大きな街)の設定は嬉しい限りです。^^

[C1024] Rayさん

なるほど、考えてみれば監督にとっても主演女優にとってもターニング
ポイントになった作品かもしれませんね。観る前に期待していたよりも
良い作品でした。【トラフィック】はまだ観ていないのですが、面白そう
ですね。いずれ鑑賞してみます。
ウィチタという地名は、この映画で初めて知りました(^^;)

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【エリン・ブロコビッチ】

あなたは人目のお客様です。

映画【エリン・ブロコビッチ】 Erin Brockovich
 製作年:2000年 上映時間:131分
 製作国:アメリカ 日本公開:2000年5月27日
 国内興行収入:11億1千万円
 監督:スティーヴン・ソダーバーグ
 ◇出演
  ジュリア・ロバーツ エリン・ブロコビッチ
  アルバート・フィニー エド・マスリー
  アーロン・エッカード ジョージ

   評価:85点


■あらすじ
舞台は1993年の米国。エリン・ブロコビッチは、かつてミス・ウィチタに選ばれた美貌の持ち主。2度の離婚を経験し、幼い子供が3人。学歴はなく、目下失業中。預金残高は16ドル。苦境に立たされた彼女を、不運な交通事故が追い討ちをかける。しかしバイタリティあふれる彼女は、何とか弁護士事務所の仕事にありつく。そして業務で書類を調べるうちに、ある企業の公害問題に気づく。

--------------------------------------
まず目を引くのはジュリア・ロバーツ演じるエリン・ブロコビッチ。美人で胸が大きく、足はキレイ。服装もセクシー。だがすぐ頭に血が上る性格で、金にうるさく、言葉遣いは乱暴(FUCK連発)。お堅い同性には疎まれ、同僚の男性には「外見はいいのだが…」と惜しまれるタイプ。ただ、仕事への取り組みは一生懸命で、その姿勢が多くの人々を動かしていく。

<以下、ネタバレ含む>
本物のエリン・ブロコビッチ一言でいうと、法律の素人が公害訴訟に取り組み、やがて成功を勝ち取るサクセスストーリー。実話を基にした話で、右写真が本物のエリン・ブロコビッチ。彼女もなかなかの美人である(公式サイトもある)。作品のテンポが良く、集中して観ることができた。「この先良くないことが起きるかも」という緊張感がある。映画の中のエリンは必死にがんばっているが、展開は割合スムーズ。しかし、実際の調査はもっと大変だったようだ。汚染調査を長期間続けたために自身も六価クロムに侵され、鼻血や咳が出て、入院もしたらしい。その内容は撮影されたものの、公開されず。ディレクターズカット版でしか観られない。ちょっともったいない話だ。

エリンとマスリー弁護士の掛け合いが良い。何かにつけて衝突する2人(基本的にエリンが一方的に切れる)だが、時間を重ねていくにつれてコンビネーションは良くなる。ラストシーンの会話は、個人的に結構好きだ。
映像については、ちょっと離れたところから映し出す手法が巧い。表情がアップになっていなくても、人物の感情は伝わってきた。撮影を担当したエド・ラッハマンを称えよう。
この作品で、ジュリア・ロバーツは2000年アカデミー賞主演女優賞を獲得。監督スティーヴン・ソダーバーグとの信頼関係が生まれ、【オーシャンズ11】の出演につながった。ソダーバーグの作品では、以前観た【セックスと嘘とビデオテープ】がよく理解できなかった。しかし、この【エリン・ブロコビッチ】はお薦めできる。 (鑑賞日:2007年12月14日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/572-b95d6d03

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1023]

この年のスティーブン・ソダーバーク監督は、絶好調でしたね。これと「トラフィック」で同時にアカデミー賞監督賞にノミネートされて・・。
なかなか「演技派」としての評価が確立しない(いつまで経ってもプリティーウーマンみたいな・・^^;)ジュリア・ロバーツの女優としての価値も一気に上がった作品だと思います。
娯楽と社会派のバランスという面では誰が見ても楽しめる映画でしたね☆ 自分はトラフィックの大ファンですが、こっちも好きです。

ちなみに元カンザス在住としては、「元ミスウィチタ」(カンザスで一番大きな街)の設定は嬉しい限りです。^^

[C1024] Rayさん

なるほど、考えてみれば監督にとっても主演女優にとってもターニング
ポイントになった作品かもしれませんね。観る前に期待していたよりも
良い作品でした。【トラフィック】はまだ観ていないのですが、面白そう
ですね。いずれ鑑賞してみます。
ウィチタという地名は、この映画で初めて知りました(^^;)

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。