Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/545-23a99fcc

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【木更津キャッツアイ ワールドシリーズ】

あなたは人目のお客様です。

映画【木更津キャッツアイ ワールドシリーズ】 製作国:日本 上映時間:131分
 製作年:2006年 劇場公開:2006年10月28日
 興行収入:18.0億円 監督:金子文紀
 ◇キャスト
  岡田准一 田渕公平(ぶっさん)
  櫻井翔 中込フトシ(バンビ)
  岡田義徳 うっちー
  佐藤隆太 マスター
  塚本高史 アニ

   評価:55点


■あらすじ
ぶっさんが死んではや3年、残されたキャッツの4人は別々の道を歩き始め木更津を離れていった。そんな中、ただ一人木更津にとどまり市役所に就職したバンビは、ある時、空からの不思議な声を聞く。“If you build it, he will come(それを作れば彼がやって来る)”と、なぜか英語で語りかけるその声を、ぶっさんのメッセージと確信するバンビ。ぶっさんにちゃんと“ばいばい”を言わなければと思ったバンビは、かつての仲間達を木更津に呼び戻そうとするのだったが…。

-------------------
アニ(塚本高史)とマスター(佐藤隆太)TBS系で2002年に放送された連続ドラマ【木更津キャッツアイ】から生まれた映画の第2弾。前作の【日本シリーズ】はなかなか面白かった。この【ワールドシリーズ】についても「最後にして最高の作品」という評判があり…よく利用するレンタル屋のPOPにもそう書いてあった…それだけに期待して鑑賞した。

しかしながら、大した作品ではなかった。前半は退屈で、途中で寝てしまったほどだ。後半になると伏線が解き明かされて面白くなってはくるのだが、それでも「シリーズファン向けの映画」という評価は覆らない。栗山千明の使い方は合っていると思うが、うっちーの魅力は落ちた。宮藤官九郎の脚本にも、切れ味を感じない。

作品の大きなテーマは、青春の喪失。つるんでバカやっていた仲間達が、年を取ってそれぞれ別の道を歩んでいく。そういうことを寂しく感じた人は少なくないだろう。この作品では「ぶっさんの死」が大きなキッカケだが、彼が生きていてもそういう時は訪れたろうな、と感じさせる。

出演者達も年を取った。個人的に酒井若菜のモー子はハマリ役だと思っているが、ああいうキャラを演じるのは年齢的に厳しくなってきた。また、エンディングのスタッフロールで流れる連続ドラマの映像では、櫻井翔が随分と幼く見える。彼が後にニュース番組でキャスターをやるとはこの頃想像もしなかったな…などと、少々感慨に耽った次第。 (鑑賞日:2007年8月10日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/545-23a99fcc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。