Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/544-cf3c873a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

石田衣良【池袋ウエストゲートパーク6 灰色のピーターパン】

あなたは人目のお客様です。

石田衣良【池袋ウエストゲートパークⅥ 灰色のピーターパン】 単行本:225ページ 出版社:文藝春秋社
 価格:1600円 初版:2006年6月

  評価:70点

これまでこのシリーズを読み続けてきたが、「IとⅡ以外は面白くない」というのが、私の評価である。シリーズものの宿命か、マンネリの一途を辿っている。Ⅴは展開の読める浅い話ばかりで、心底ガッカリしたものだ。そういった印象を持ちながらⅥを手に取ったのだが、この本はなかなか面白かった。

扱うテーマとしては、盗撮映像売買で恐喝されるハメになった小学生、足に障害を負った兄の敵を討つために復讐を誓うブティック販売員、無認可保育園が巻き込まれる幼児性犯罪など、例によって現代社会の抱える闇を描いている。何が違ったかといえば、話の切り口。主人公マコトの語りに切れ味を感じた。話の展開もまぁまぁ良い。

ただ、相変わらず主要人物が固定されているので、そのせいか話に幅が生まれてない。またマコトについては果物屋の店番とトラブルシューターという2つの面しか紹介されず、ライター業の描写は皆無に等しかった。そこからもっと世界を拡げていけると思うのだが…。「作者が守りに入っている」と感じたのは、私だけだろうか。 (読了日:2007年8月9日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/544-cf3c873a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。