Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/543-f8d70e19

-件のトラックバック

-件のコメント

[C996] そーだ!でも...

お久しぶりです。
闘莉王と播戸の直前離脱がひびくんじゃないかと、心配していた通りの結果でした。
確かにオシムもオーストラリア以外をちょっとなめていた?研究不足?という気がしました。
がちゃぴんさんのご指摘通り、闘莉王の代役(誰?)が大事でしょうね。
意外と平山のDFコンバートとかww
  • 2007-08-04
  • pabpab
  • URL
  • 編集

[C997] pabpabさん

どうも、ご無沙汰しています。シュートへの執着心の強い播戸が抜けた
ことは、確かにチームにとって痛かったと思います。相手がベタ引きの
状態で佐藤寿を投入しても、裏へ抜けるスペースがありませんからね…。

闘莉王の代役選びは難しいかもしれませんね。平山ですか…。DFと
してどうこうより、今の彼には90分間プレーするだけの体力はない気が
します。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アジアカップの日本代表

あなたは人目のお客様です。

仕事の関係で、最近はなかなかゆっくりとサッカーを観ることがない。アジアカップの日本戦でまともに観たのもベトナム、豪州、韓国戦くらい。観た試合についてはブログに書こうと思うのだが、「疲れていたり時間がなくてその気になれない」というのが正直なところだ。しかし、やっているサッカーについて判断するだけの材料は持っている。
アジアカップを終えたオシムジャパンについて、全体的に厳しい意見が目立つ。どちらかといえば、私も否定的な見方をしている。監督の志向するものと選手のプレーとの間にどれほど差があるかはわからないが、実際判断できるのは目に見えるものだけ。そして現在のところ、「やっているサッカーの質が低い」と言わざるをえない。

◆守備

守備陣にゲキをとばす川口能活まず守備についてだが、ディフェンスラインは比較的高い位置を保ち、DFとボランチで相手を挟み込んでボールを奪う、というのが特徴。DFにボール回しのスキルを求めることや、鈴木啓太(浦和)の働きぶりがトルシェ時代のチームを連想させる(鈴木の役割は戸田和幸)。前線から選手はよく戻ってくるし、形はできてきている。とはいえ、アジアカップの5試合で完封したのは、韓国戦のみ。レベルが高いとは言えない。
気になる大きなポイントは2つ。1つ目は、パスカットされる場面が多すぎること。アジアカップでもDFやボランチの間のボールを奪われるシーンを度々目にしたが、大会期間中に修正できないあたり、問題の根深さを感じさせる。特に中澤佑二のパスにはドキっとさせられることが多い。もっと強いボールを蹴るようにした方がいい。
ボール扱いに不安を感じさせる中澤佑二足元に不安のある選手を、オシムは呼ばないだろう。となると、岩政大樹(鹿島)が召集されるのは厳しいかもしれない。センターバックとしての能力は高く、個人的に期待しているのだが。
2つ目は、セットプレー対策の弱さ。特にCKではきちんとマークのついていない場面が見られた。GKの川口能活(磐田)が大きく声を張り上げても、選手がそれに応じている様子はない。守備のリーダーがいないような印象を受ける。監督としては、今回召集できなかった田中マルクス闘莉王(浦和)にその役割を期待しているのだろうが、怪我の多い選手だけに代役を選んでおく必要がある。トルシェ時代に森岡隆三と宮本恒靖の2人がいたように。

◆攻撃

時々軽いプレーが気になった遠藤保仁MFは中村俊輔(セルティック)、FWは高原直泰(フランクフルト)が軸。右の加地亮(G大阪)左の駒野友一(広島)という両サイドバックのオーバーラップが目立つ。こちらのイメージは、ジーコに近い。例えばFW巻誠一郎(千葉)は最前線の汗っかきとしてプレーしているが、その役割は鈴木隆行と同じである。
相変わらず得点力不足に悩む日本。そのどこに問題があるのか。私は選手起用、とりわけ中盤の組み合わせが気になる。前述の俊輔の他に中村憲剛(川崎)遠藤保仁(G大阪)が攻撃を担う。3人とも技術に関しては日本トップクラスだが、いかんせん選手としてのタイプが似ている。ドリブルよりはパス、自分が走るより周りを走らせることが多い。そのせいか、攻撃のバリエーションが少なかった。

例えばバイタルエリアが開いている中で有効なのは、ミドルシュートや2列目以降のオーバーラップ、そしてドリブルである。まず日本はシュート数が絶対的に少ない。上述の3人は、普段クラブで見せているようにシュートを打って欲しかった。また、中央からのオーバーラップが少ない。稲本潤一(フランクフルト)のように積極的な選手がいて欲しいところ。そして最大の問題と言ってもいいのが、ドリブルを仕掛ける選手がほとんどいないこと。この事は中西哲生(サッカー解説者)もよく指摘するのだが、日本のドリブラー不足は深刻な問題である。長谷部誠や田中達也(共に浦和)の召集を促したい。

エースとしての存在感を見せた高原直泰今回のメンバーの中でも、ドリブルが得意な水野晃樹(千葉)、スピードが売りの太田吉彰(磐田)といったアクセントをつけられる選手はいた。しかし水野はともかく、太田に出場機会はなかった。もっと柔軟な選手起用を、監督に期待したいところだ。例えば山岸智(千葉)はその実力が代表レベルにないことを証明したし、羽生直剛(千葉)も切り札といえる存在ではない。スタメンの固定やオプションの少なさが気になる。

サッカーには「パスを出した後に歩くパッサー、ペナルティエリアで勝負しないドリブラー、シュートを打たないストライカーは怖くない」という言葉がある。相手に脅威を与えるようなチーム作りを、まだまだ模索していく必要があるだろう。

◆今後について

サウジアラビア戦 試合前のオシム監督一部で解任論も出る中で2年目を迎えるオシム体制。個人的には、続投についても解任についても強い意見は持っていない。ただ、オシム擁護派に言いたい事がある。
「方向性は間違っていない」という意見は、それだけでは大した意味がない。なぜなら、方向は合っていても、前に進んでいなければ仕方ないからだ。「アジアではなく世界を見据えている」も同様。世界を相手に戦えるコンフェデ杯出場を逃したのみならず、アジアカップのシード権を失って言えた台詞ではない。現実を無視して理想は語れまい。

あとオシム就任約2ヶ月の記事でも書いたが、雇い主である日本サッカー協会にはもっと明確な判断基準を求めたいところだ。参院選後の自民党のように、グダグダな人事は行って欲しくない。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/543-f8d70e19

0件のトラックバック

2件のコメント

[C996] そーだ!でも...

お久しぶりです。
闘莉王と播戸の直前離脱がひびくんじゃないかと、心配していた通りの結果でした。
確かにオシムもオーストラリア以外をちょっとなめていた?研究不足?という気がしました。
がちゃぴんさんのご指摘通り、闘莉王の代役(誰?)が大事でしょうね。
意外と平山のDFコンバートとかww
  • 2007-08-04
  • pabpab
  • URL
  • 編集

[C997] pabpabさん

どうも、ご無沙汰しています。シュートへの執着心の強い播戸が抜けた
ことは、確かにチームにとって痛かったと思います。相手がベタ引きの
状態で佐藤寿を投入しても、裏へ抜けるスペースがありませんからね…。

闘莉王の代役選びは難しいかもしれませんね。平山ですか…。DFと
してどうこうより、今の彼には90分間プレーするだけの体力はない気が
します。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。