Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/533-86ad63d5

-件のトラックバック

-件のコメント

[C963] R.I.P

お久しぶりです。自分のブログにも書きましたが、突然のことで驚きました・・。 老若男女日本中が知っているメロディーが懐かしいですね。 病気だったことも知りませんでしたが、美人薄命とはこういうことなのでしょうか・・。 

しかし、誰かが他界したニュースを聞くと過ぎたときの早さに呆然とする年になりました・・。
  • 2007-05-29
  • Ray
  • URL
  • 編集

[C964] Rayさん

ZARDは幅広い年代に親しまれましたが、特に現在20代後半~30代前半は
直撃世代だったと思います。それだけに残念ですね。安らかに眠って欲しい
です。

昔の感覚だと「坂井泉水が40歳」という設定はピンときません。でも、当時高
校生だった自分が30代になっているんですから、年を取るわけですよね。
時間の流れを感じます。
  • 2007-05-29
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C967]

携帯から失礼します。
私の兄が高校で坂井さんと同級生だったこと。坂井さんのお父様が自動車教習所の教官で、「明日スタートの夜10時のドラマの主題歌を娘が歌っているのでよろしく」と講習の最後におっしゃっていたのを今でも鮮明に覚えています。
それがZARDのデビュー曲でした。露出は少なくても一方的ではありますが、親近感を持っていたので、突然の訃報に衝撃を受けています。
カラオケでもほとんどの楽曲を歌える気がします。
鼻歌でごく最近、「きっと忘れない」を歌っていました。この曲がZARDの中では一番好きです。
「負けないで」までは、歌番組に出てましたよね。必ずチェックして見てました。貴重なだけに忘れたくない記憶です。
今までに購入した数々のCDをこれからも大事に聞いていこうと思っています。
ご冥福をお祈りします。
  • 2007-05-30
  • chiakiichi
  • URL
  • 編集

[C968] chiakiichiさん

携帯にもかかわらず長文のメッセージ、ありがとうございます。
なるほど、chiakiichiさんと坂井泉水は間接的に縁があったのですか。
そういう要素があると、親しみを感じますよね。曲を聴けば、きっと様々な
思い出があふれてくると思います。

ZARDの楽曲は『負けないで』をはじめ、音楽の教科書に採用されて
いるものがあると聞きます。その活躍を直接知らない世代が、これ
からも親しんでいくことでしょう。もしひでちゃんに歌う機会があったと
したら、色々と話してあげてください。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ZARD坂井泉水、死去

あなたは人目のお客様です。

■「ZARD」の坂井泉水さん転落死 (2007年5月29日 スポニチ)

ZARD坂井泉水「負けないで」などのヒットで知られる人気ユニット・ZARDのボーカル、坂井泉水(さかい・いずみ、本名蒲池幸子=かまち・さちこ)さんが、入院先の東京都新宿区の慶応大病院で脳挫傷のため死去したことが28日、明らかになった。40歳。神奈川県出身。昨年6月から子宮頸(けい)がんで闘病生活を送っていた中、病院のスロープから転落。意識不明のまま27日に死去した。警視庁四谷署では事故死の可能性が高いとみて調べている。
そっと背中を押してくれるようなさわやかな歌声とメロディーで幅広い年齢層から愛され、90年代の女性歌手で最も多くのシングル曲を売り上げた坂井さん。デビューから16年、40歳でのあまりに早すぎる死に、ファンは大きな衝撃を受けた。

四谷署によると、26日午前5時42分、病院の外に取り付けられたらせん状のスロープ下に坂井さんが仰向けに倒れているのを通行人が見つけた。靴は履いており、ジーンズにTシャツ姿。後頭部をコンクリートの地面に強打したため、意識不明のまま、翌27日午後3時10分、両親と親族にみとられて息を引き取った。

所属事務所によると、坂井さんは昨年6月に子宮頸がんの摘出手術を受け、入退院を繰り返していたが、肺への転移が見つかったため今年4月に再入院。放射線治療と抗がん剤の投与を続け、最近では「早朝に病院の敷地内を散歩するのが日課になるほど、体調が回復していた」(事務所関係者)という。

事務所では「散歩から病室に戻る途中、前日の雨により踊り場で足を滑らせた」と説明。事故死と自殺の両面で調べている四谷署でも、スロープの高さが2・9メートルと低く、遺書もなく、衣類をベッドに放ったまま買い物に行くような服装で出掛けているなどの状況から、自殺ではなく、スロープの手すりに腰を乗せているうちにバランスを崩して後方に転落した可能性があるとみている。

坂井さんは病床で思いついた詞をノートに書き留めるなど、創作意欲は衰えていなかった。順調に回復すれば今秋にアルバムを発売し、3年ぶりのライブツアーも計画していたという。29日に都内で近親者だけで密葬を行い、6月27日、東京都港区南青山2―33―20、青山葬儀所で「しのぶ会」を開く。

-------------------------------------------
昔流行していた音楽を聴くと、人は懐かしい気分になる。特にそれが中高生の頃の楽曲だったら、強い印象を抱いているものだ。そして私の年代(1977年生まれ)では、ZARDが欠かせない存在である。

1990年代前半から中盤にかけてJ-POPシーンを席巻したビーイング系。男性アーティストではB'zを筆頭にDEEN、WANDS、T-BOLAN、FIELD OF VIEWなど多くの人気者を生み出した。一方女性アーティストではZARDと大黒摩季がブームを牽引する役割を担った。当時は音楽CDビジネスが最盛期を迎えようとしていて、多くの人が8cmシングルを買い求めたのだ。
(そして90年代半ばに入るとtrfや安室奈美恵、篠原涼子、H Jungle with T、globeといったいわゆる「小室ファミリー」がビーイング系に取って代わる存在となる)

特別ZARDのファンだったわけではない。しかし楽曲リストを眺めていると、口ずさめる曲がたくさんある。それだけ耳にする機会が多かったのだろう。好きだったのは『眠れない夜を抱いて』、そして164万枚を売り上げた最大のヒット曲『負けないで』。あと坂井泉水が作詞を手がけ、FIELD OF VIEWに提供した『突然』も思い出深い。

以下の映像は、ライブで歌う『揺れる思い』。ZARDを代表する人気ナンバーで、大塚製薬ポカリスエットのTVCMソングだった(この曲に限らず、昔ポカリのCMで聴いた曲は「青春」というイメージが強い)。こうして映像を観ていると、喪失感が増してくる。彼女の冥福を祈りたい。

■ZARDの持つオリコン記録
○シングル総売上枚数…1751.1万枚(43作品)=歴代7位
○アルバム総売上枚数…1870.6万枚(17作品)=歴代8位
○自己最高売上…シングル「負けないで」164.5万枚 アルバム「ZARD BEST The Single Collection~軌跡~」300.8万枚
○1位獲得作品数…シングル12作、アルバム10作、DVD2作
○ミリオン獲得作品数 シングル3作、アルバム9作
○歴代1位記録…アルバムの連続ミリオン突破=9作連続、シングルTOP10獲得数(女性ボーカル部門)=40作品

■織田哲郎「突然で言葉見つからない」 (2007年5月29日 デイリースポーツ)

人気ユニット「ZARD」の坂井泉水さんが27日、脳挫傷のため死去したと所属事務所が28日発表した。「負けないで」や「揺れる想い」などで曲を提供した作曲家の織田哲郎は「突然のふ報に言葉が見つかりません。このような形でお別れをすることになるとは、思ってもみませんでした」と坂井さんの突然の死を悼んだ。共に作った数々のヒット曲を世に送り出した仲間だっただけに「坂井泉水さんと出会えて、彼女と一緒に作品を作ってこられたことを誇りに思います。ご冥福をお祈りします」とのコメントを寄せた。 

-------------------------------------------
余談だが、もともと28日にブログで書こうと思っていたテーマは、前日の日本ダービーだった。牝馬として64年ぶりに優勝したウォッカの健闘について、記すつもりだったのである。しかし、昼に坂井泉水が転落死したことを知り、夕方のニュースで松岡農水相の自殺が報じられていた。大きなニュースが続いたものだ。何を書くか迷った挙げ句、この話題を選択した次第。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/533-86ad63d5

0件のトラックバック

4件のコメント

[C963] R.I.P

お久しぶりです。自分のブログにも書きましたが、突然のことで驚きました・・。 老若男女日本中が知っているメロディーが懐かしいですね。 病気だったことも知りませんでしたが、美人薄命とはこういうことなのでしょうか・・。 

しかし、誰かが他界したニュースを聞くと過ぎたときの早さに呆然とする年になりました・・。
  • 2007-05-29
  • Ray
  • URL
  • 編集

[C964] Rayさん

ZARDは幅広い年代に親しまれましたが、特に現在20代後半~30代前半は
直撃世代だったと思います。それだけに残念ですね。安らかに眠って欲しい
です。

昔の感覚だと「坂井泉水が40歳」という設定はピンときません。でも、当時高
校生だった自分が30代になっているんですから、年を取るわけですよね。
時間の流れを感じます。
  • 2007-05-29
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C967]

携帯から失礼します。
私の兄が高校で坂井さんと同級生だったこと。坂井さんのお父様が自動車教習所の教官で、「明日スタートの夜10時のドラマの主題歌を娘が歌っているのでよろしく」と講習の最後におっしゃっていたのを今でも鮮明に覚えています。
それがZARDのデビュー曲でした。露出は少なくても一方的ではありますが、親近感を持っていたので、突然の訃報に衝撃を受けています。
カラオケでもほとんどの楽曲を歌える気がします。
鼻歌でごく最近、「きっと忘れない」を歌っていました。この曲がZARDの中では一番好きです。
「負けないで」までは、歌番組に出てましたよね。必ずチェックして見てました。貴重なだけに忘れたくない記憶です。
今までに購入した数々のCDをこれからも大事に聞いていこうと思っています。
ご冥福をお祈りします。
  • 2007-05-30
  • chiakiichi
  • URL
  • 編集

[C968] chiakiichiさん

携帯にもかかわらず長文のメッセージ、ありがとうございます。
なるほど、chiakiichiさんと坂井泉水は間接的に縁があったのですか。
そういう要素があると、親しみを感じますよね。曲を聴けば、きっと様々な
思い出があふれてくると思います。

ZARDの楽曲は『負けないで』をはじめ、音楽の教科書に採用されて
いるものがあると聞きます。その活躍を直接知らない世代が、これ
からも親しんでいくことでしょう。もしひでちゃんに歌う機会があったと
したら、色々と話してあげてください。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。