Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/517-39dfdec5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ジェフリー・ディーヴァー【ボーン・コレクター】

あなたは人目のお客様です。

ディーヴァー【ボーン・コレクター】 Jeffery Deaver "THE BONE COLLECTER"
 訳:池田真紀子
 単行本:471頁 出版社:文藝春秋
 初版:1999年9月 価格:1950円
 文庫:(上)373頁 (下)363頁
 出版社:文藝春秋 初版:2003年5月
 価格:(上)(下)ともに700円
 1999年
 『週刊文春ミステリーベスト10』-海外部門1位
 『このミステリーがすごい!』-海外編2位

    評価:80点


■あらすじ
かつて、犯罪学にその人ありと言われる男がいた。名はリンカーン・ライム。科学捜査の第一線で活躍していた彼だったが、ある事故に巻き込まれた結果、「動かせるのは頭と両肩、左手薬指だけ」という状態に陥る。引退を余儀なくされたライムは、生きることに喜びを感じられない日々を過ごしていた。そんな彼に、警察は捜査協力を要請する。ニューヨークに出現した殺人鬼を捕まえるためには、彼の頭脳が必要だった。そしてライムの手足となるべく選ばれたのは、美貌の女性警官アメリア・サックス。果たして2人は犯人を突き止められるのか。

-------------------
推理小説の中には安楽椅子探偵という言葉がある。事件現場を訪れることなく、得られた情報をもとに事件を解決する存在。この作品の主人公、リンカーン・ライムもその1人と言えるだろう。もっとも彼の場合は、体を動かしたくても動かせないのだが…。

色々な物について細かく記されており、イメージしやすい文章。被害者の視点で描かれている場面も多く、その恐怖が伝わってくる。鑑識や科学捜査で用いられる単語が数多く登場し、最初のうちはうまく理解できなかった(翻訳者も大変だったと思う)。ストーリーとしては中だるみする部分もあるが、まとめ方が鮮やかだったので満足できるレベル。上下二段組みでかなり長いので、時間の取れる時にじっくり読みたい作品だ。 (読了日:2007年3月31日)

1999年にデンゼル・ワシントンやアンジェリーナ・ジョリーらの出演で映画化されたが、原作の持つ緻密さが反映されているとは言い難い。サスペンスとしての出来はまあまあか。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/517-39dfdec5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。