Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/504-02954451

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【オリバー・ツイスト】

あなたは人目のお客様です。

映画【オリバー・ツイスト】 OLIVER TWIST
 製作国  イギリス/チェコ/フランス/イタリア
 上映時間:129分 日本公開:2006年1月28日
 監督:ロマン・ポランスキー
 ◇出演
  バーニー・クラーク オリバー・ツイスト
  ベン・キングズレー フェイギン
  ハリー・イーデン アートフル・ドジャー
  ジェイミー・フォアマン ビル・サイクス

    評価:75点

■あらすじ
19世紀イギリス。9歳になり、救貧院へと連れて来られた孤児のオリバー・ツイスト。しかし夕食の席でおかわりを求めたばかりに委員の怒りを買い追放処分に。その後葬儀屋の主人に一旦は引き取られるが、ここでも理不尽ないじめにあったオリバーは、ついに家を飛び出し70マイル(約112km)彼方にあるロンドンを目指す。そして大都会で彼を待っていたものは…。

------------------------------
オリバー・ツイスト(左)とアートフル・ドジャー原作はチャールズ・ディケンズの同名小説。まず目に付くのが、美術の素晴らしさ。衣装やセットがよくできている。ロンドンの町並みを表現するにあたり、プラハのバランドブ撮影所にオープン・セットを築いたそうだが、その効果は確かに感じられる。CGの発達しているとはいえ、やはり本物の質感には味わいがあるものだ。かつてこの時代のイギリス都市史をかじった者として、興味深い描写が幾つも登場する。子供でもジンや煙草を飲む社会。貧富の差は激しく、特に貧民街の暮らしは悲惨だった。そんな社会を風刺した視点を評価したい。

子役の演技が良い。特にハリー・イーデン演じるドジャーは、なかなかいい顔をしている。大人では、人間の多種多様な面を見せるフェイギン、またビル・サイクスの悪人ぶりが堂に入っている。
ただ、ストーリーはあまり大したことがない。確かに、オリバーは利発そうで礼儀正しい少年ではある。しかし彼が特別頑張ったわけではないのに、幸運が訪れて道が開けていく。いささかできすぎた話、という印象は否めない。子どもでも楽しめる丁寧な作りだが、日本で全くヒットしなかったのも頷ける。 (鑑賞日:2007年3月17日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/504-02954451

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。